2011年7月10日日曜日

ギアデフとボールデフ

交差点で左手つるというお馬鹿をやらかしてから首都高乗ってタム大宮。
TA06シェイクダウン2日目。

気になってるギアデフを堅くするところから。
…1時間ほどかかってバラしてデフに40000番のオイル詰めて再スタート。

でもやっぱり駄目。
具体的に何が駄目か。
  • 低速コーナーでいい具合に曲がらなくなった。
  • 高速コーナーで巻く減少が少し収まった。
  • けどコーナー出ての立ち上がりで少しでも無理をするとすっぽ抜けて全く予想つかない方向へまっしぐら
  • 氷の上で運転するような物。車体が安定するまでスロットル開けられない。安定してもステア・スロットルともにおそるおそる。
  • それでも開けるときはまだマシ。一度スピード出した後減速するまでが超怖い。少しでもやっちゃうとアウト。ちょうどこないだのルマンでAUDIが夜クラッシュしたときの動きそのまま。もうどうしようもない。
プロポの機能的に言うとトラクションコントロールをめいっぱい効かせながらステアリングとミキシングかけるような感じでもしないと無理。
もうちょっとわかりやすく言うとPS3とかについてるスティックの様な動作制限。
スロットルとステアリングの操作量の和の問題。
なんて言うんだろう。悪い意味で感覚がM300GTそっくりw

ジャイロも持ってたけど自作車ならともかく市販品につけたら負けなきがするし。

数周回ってあぁこりゃ駄目だと。
何が駄目ってすっぽ抜けて明後日の方向に行くのが。
一度すっぽ抜けると全くそうさが効かないままだいたい壁にまっしぐらなんですよね。
ステアリングなんかろくすっぽ効かないし効いた!と思ったときには時遅しでやっぱり明後日の方向に。

加速の時にやる様なんかはちょうど初心者が
アクセル開ける
→スピードにびっくり
→けどスロットルゆるめるという判断がつかない
→ステアリングはどうにかしようとめい一杯
→道幅全体を言って戻って壁に激突
にそっくり。

てな訳で「堅くしてもいろんな意味で駄目。ボールデフを使う」と宣言して購入。
…なんか目の前に約一名、

"デフが見えないことをいいことに気がつかないうちにボールデフに交換してボールデフに逃げたことをおちょくる計画"

を企ててた人がいたけど…
一回でも試してみたらいいのに。40000番詰めたギアデフも某Mさんから100000番の提供もあったのにw

で。バラしたついでにいろいろ弄くってると企てた人が先に走って戻ってきたとおもったら超ゴキゲン。

遅れて走らせてみたけど…雲泥の差。かなり楽に開けられるようになった。というか前に出るようになったので安心して開けられる?
多少減速時に"後ろのグリップが抜けたまま戻らない感"残ってるけどまぁそれでも手でどうにか出来るレベル。

とりあえず手でどうにか出来るレベルになったのでしばらくはこのままで、方向性が見えたらちびちびセットをいじることにしますかねぇ…

0 件のコメント:

コメントを投稿