投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

白川郷に行ってきた

イメージ
3連休。 仕事が微妙だったものの休めたのでチャットの皆と一緒に白川郷に行ってきました。 20日6:00頃 トップケース付き  一泊…まぁ無理すればトランクに全部入るだろうけど雨予報で雨具が場所を取ったので今回はトップケース付きで。バッグでも良かったんだけどキャリアを変更してからバッグの取り付けしてなかったし朝6:00から試行錯誤するの嫌だったので。 談合坂SAで合流した後出発。

ステン細工

イメージ
MadStadをいじくり回して冬用スクリーンを作った物の、夏に使うような物でもない… けど純正スクリーンにドライブレコーダーの組み合わせはマウントの仕方の都合から少しぶれる。 というわけで… じゃまくさい部分を切り飛ばした MadStad本来の姿で使うことはもうないだろうと言うことで余計な部分を切断。 うーん… なんか違う。 いやまぁ中途半端にでかいよりはこのくらい小さい方が無駄にやかましくなくていいんだけど… なんだろうこのDIY丸出し感。 これ土台から作り直したいな。 というわけであれこれ思案中。 夏と冬、組み合わせ変えりゃ両方いける感じで。 今のMadStadいじったのはスクリーンのマウントが横過ぎて真ん中が風圧で揺れるのでもうちょっとスクリーンのマウント位置を真ん中に。 とりあえず…今のMadStadはジュラ製で少しでも曲げをいじろう物なら一撃で金属疲労起こして折れそうなので…新規で。 となるとステンかなぁ…と。 とりあえず使ってる代表的な工具でどうにかなる物なのか1mmのステン板で試してみた まぁ曲げを含めて基本的な加工は出来る物の。曲げはちょっと考える必要ありかな… 簡易的にあて板で殴った物の変にRが付く。 で結局金槌でひっぱたいてまっすぐにしたりバイスで挟んで無理矢理まっすぐにしたり。 ドリルの刃とエンドミルはちゃんとしたの用意した方がよさげ。 エンドミルは一応使えそうではあるけど、樹脂メインだからと100円/本ぐらいの安物だし。 ジュラコンかポリカーボネイトあたりで凸凹の雄型・雌型用意してひっぱたけば1.2~1.5mmのSUSならきれいに曲がるかな?余ってる端材でとりあえず雌型作ってバールと金槌でひっぱたいてみるか。 金属で作るか用意してもいいけど…そこまでするか感があるしなぁ…

フォグランプ移設

イメージ
先日純正のガードからSSB(っぽい何か)に交換したせいで行き場を失っていたフォグランプ。 ホンダ純正のフォグならもうこの時点でアウト…なんだけどうちが使ってるのは”BMW”の純正LEDフォグ。 取り付け部位の形状が非常に汎用的なのでアダプタ作ってホンダのガードにBMWのフォグをつけるという事をしていたんだけど。 ガード入れ替えて使えなくなったので新しいアダプタ作ってコレを移設しますよ? 例によって例のごとく。 加工が楽ちんなジュラコン…と思ったけど今回はポリカーボネイト。 今回は取り付けがガードでかつかなり下の方に付くことも有って適当に。 そんなめちゃくちゃ目立つ位置というわけでもないし。 とにもかくにも物がないと始まらないので近所?の樹脂屋に物を発注。 ポリカーボネイトのブロック

DCT車でエアクリーナーダクトを開けるとどう変わるか

イメージ
朝8時。 いつもならだいたい10時前後にゆっくりしてることのおおい ふれあいパークきみつ でまったり。 この時間ならおばちゃんたちが占領するベンチも開いてますねぇ… この後、原付にのったおばちゃんがウッドデッキまで乗り込んできて店開き… この日陰の部分を農作物の販売で選挙されるために日中は日照りのある部分しか座れるところが開いてないんですよねw どうでもいいけど田舎の道の駅は店外で曲かけるのやめてほしい。 虫の鳴き声のほうがよっぽど…まぁおばちゃんの談笑で何も聞こえなくなるでしょうけど。 で。 先日エアクリーナーダクトの国内仕様たる”つまり”を取り除いたことでどう変わるかを試しに。 いえ。ここ最近雨とかで全く外出してなかったので。 結論から言うとうちの感覚から言うと開けて正解。 まさに鼻づまり。年がら年中鼻づまりしてる人が耳鼻科行って鼻づまり解消、「なんじゃこりゃ!」 って感じ。 「低速はそんなに変わらない、中速のレスポンスが上がる。」 という話だったけど… 全域にわたってスムーズになった感じ。 昨年末あたり?(忘れた)に「車両自体が静かすぎ」なおかげ?で となりのバイクの音で自車の音が聞こえない よく真横から車が体当たりをかましにくる のでマフラーをAKRAPOVICに交換したんですが。 排気のとおりが良くなったせいか低速トルクが微妙に落ちて出だしが少し「クラッチつなぐの早すぎ」感があったんですよね。 DCTでクラッチ操作が自動だから直しようがない。 純粋なMTなら自分で操作するので少しふかし気味にするだけなんですが。 今回鼻の通りが良くなって「つなぐの早すぎ」感が払拭。 PA/SAから本線への合流は今まで回転数不足感があって ズドッ…ズドッズドッズドドドドドトトトト(風切り音で聞こえなくなる だったのが ズドドドドドトトトトト(同上 全域にわたってドスドス感がなくなってまわりがスムーズに。 まぁスムーズとは言っても4気筒みたいにギュイーンと回るというわけではないですが。 まぁやるかどうかは自己責任で。

NC700X、ウインカーリレー・エアクリーナーの外し方

イメージ
話に寄ると国内版NC700Xは海外版に比べて吸気口:エアクリーナーダクトが半分詰まってるそうな。 で吸気口を全開にすると中速域でのレスポンスが向上するとか。 …ただでやれるならやるだろう。普通。 というわけで。吸気口を全開にするついでにウインカーリレーへのアクセスの仕方、エアクリーナーの外し方をば。 作業前提 特になし。ばらすのはいいけど組み立てには注意。 トランクと給油口のケーブルが這ってるのですが、組み立ての時取り回しを間違えると開かなくなります。 特に トランクが空かなくなったら詰む ので注意! 組み立てた直後はトランク閉めずにきちんとロックが動作するかを確認しましょう。 作業概要 左右のエアダクトもどき外してトランクの鍵部分を部分を外すだけです。 あとバッテリーのリッドも開けます。 エアクリーナーはバッテリーの上側、トランクの鍵の真下にあります。 ウインカーリレーはエアクリーナー脇にあります。