投稿

1月, 2022の投稿を表示しています

タミヤのウイング

イメージ
3Dプリンタを新しくしようと考えてしばらく。 問題は日本法人?を通すかどうか。 散々悩んだ結果、直接購入することに。 プリンタ単体で比較すると直接も日本法人?経由も変わらない物の、ナイロンやポリカーボネートを扱うのに必要になるシートは直接買うしかなく、結局海外からの送料は必要になるため。 ただ、届くのが 2月末 …まぁ仕事してればすぐか? とりあえずそれまでに肉抜きした部品を樹脂用にデザインし直しておく必要があるか。 …プリンタ組み立ててテストプリントして3Dプリント部品の強度テストをして… 次のバージョンで走るのは早くて春先~GWかなw 前回壊してしまったリアウイング。とりあえず…店頭在庫が見当たらないので手段としては通販しかない物の、リアウイングだけ通販するのも無駄。 つーわけで。タミヤのウイング(SP1382)を試してみることに。 特に理由はない。TRG117に付けてたウイングを移植でも良かったが、ほどほどに安かったから試しに。 なにもついてない様にしかみえない 最初付けて走って見たら…視覚的にNG。 フロントが白、後ろが黒。 なにも付いてないように見えてしまってしようがない。 気になって気になって…

Googleからの…

イメージ
ワクチン副反応休み。 熱よりも何よりも、だるい。しんどい。 という様な内容を会社に報告しようとしてる時。 いつか来るとは思っていた。 会社で話題に上ってるgoogle workspaceの改定。 ずーっと個人で GoogleApps for your domain(今現在のworkspaceの最初のバージョン) のころから無償で使っていたんだけど。 こんな通知が。 ついに来たか あー…どうしようかな? ざっと見た感じ、対応方法がいくつか。 有償アカウントBusinessStarter に切り替える。 要するにそのまま。640円/月 Microsoft365 BusinessBasic に乗り換える 540円/月相当。OfficeはWEB版のみ。クライアント型を使いたければ≒1300円/月 レンタルサーバ 一番有力なのはそのままGoogleの有償アカウントかなぁ・・・ 昨年実家往復時、超久しぶりに プロバイダメール+thunderbird の環境を使ったけど、Googleのフィルタリングがいかに優秀か、どれだけ助けられてるかを思い知ったから。 少なくとも3はないかなぁと。今更毎日いちいち迷惑メールの振り分けとかありえへん。 2のmicrosoftはなぁ…がっつりofficeを使うならともかく少なくとも家ではそんな頻繁には使わない…し、outlookというのがなぁ…(偏見) googleworkspaceの有償版に乗り換え、かつドメインをgoogleに移管してしまえば2.のoffice相当になるから対応としてはその組み合わせで考えるかな? 8000円/年か…orz

新しい3Dプリンタが欲しい?

イメージ
 今使ってるEnder3Pro。 Ender3Pro+BLTouch+Z2軸化+32bitボード(Marlin) これはこれでなかなかいい機種だと思うし、改造が進んで今や「電源ON、フィラメントを刺してメニューからSDカード内の.stlファイルを選ぶだけ。」と、面倒くさい調整しなくても印刷出来る様になっては居るんだけど。 メインがRCの試作だと、もう試作じゃなくて直接構造物として使えるナイロンやポリカーボネートも扱いたい。 Ender3Proでナイロンとか出そうと思うと…少なくとも高温に対応する必要がある。 ホットエンド買って、カーボン混入とかやってみたいから真鍮じゃないノズル買ってダイレクトエクストルーダー買って…ベッドの温度が不足するのでベッド買って、今度は剥離の問題対策のためにビルドプレートのシート買ってって、そこまで金と時間かけるなら新しいの買った方が簡単確実じゃん?と。 と、おもって価格帯最強と名高いド定番の Prusa i3 の事を調べてみるも…リードタイムが5~6週間。 う~む…とりあえずdmm.comで試作品を頼みつつikeaラックでエンクロージャー作って見るか??ただdmm.comにまともな構造物の制作を頼むと中国にアルミ部品を頼むのと大差ない金額に… 天気が比較的落ち着いた土曜日。走ってきました。 買いはしたけどずっと使ってなかったTRG5143 今回はコレから。 覚えてる限りは元ネタはCROSSのFIREFORCEの部品だったっけ?(うろ覚え。間違ってたらすまん。)のTRG5143を付けてみる所から。 ターンバックルの締め代がやたら短くて困った。 F104用と名指し+ターンバックル込みで販売してるのはそのせいか? 付けて早々問題が。Eリングが邪魔でキャスターに制限が出る。 まぁ普通は困らないだろうが…

自作RCを作ろう その25 おや?A7075部品のお見積もりが…

イメージ
旧正月の休みっていつからいつ? って聞くついでに前回頼んだCNC加工屋さんに見積もり取ってみると…前回と違い案外と。 とは言っても国内に頼むの考えたら破格ですが。 引っかかったのがコレ。 まぁいつもの(個人的に)問題児ですわ。今度はクリアランスバッチリ。 ムリヤリAアーム部品。 左右ペア、部品4つだけど、TT02(ボディ付きセール品)が変えちゃうぞ?と言われればさすがに考える訳で。マシニングセンタ加工のモーターマウント左右セットより余裕で高いのはどうなのよw いやまぁ細かいし単純に部品数が倍だからそうなってもおかしくはないけど。

FreeCADで応力解析(FEM:有限要素法)

イメージ
 明日になったら忘れる自信があるのでやり方メモ。 ここでは 「他のソフトでモデルを作成し、FreeCADは解析のみに利用」 というシチュエーションでの操作方法を羅列。 サンプルケースは Fusionで作成したメインシャシーのモデルをFreeCADに読み込み、ロール方向にひねってみたときにどこが弱いかを見てみる という操作。 …というか調べてもわかりにくい。ほぼほぼ全ての説明はFreeCADで閉じた説明の為、インポートから説明してる資料が全くない。 まず.stlからソリッドモデルが直接作成出来ず、形状を作成してからでないとソリッドモデルが作成できないというところがちょっと敷居が高い。 で、ソリッドモデルを作成してメッシュ分割しないと解析が出来ない。 たちが悪いのがソリッドモデルじゃなくて 形状からもメッシュ作成が出来て、計算を押下する所までは操作できてしまう 点。(で計算するとエラーになる) なので.stlから作成したのが形状だけで、エラーになったときに.stlから中身有りのモデル作成出来たんじゃないの?って詰まった。 前提 他の製品でモデルリングし、.stlを用意できること。 (.stl:3Dプリンタを使用するときによく使われるフォーマット) 操作概要 FREECADに.stlファイルを読み込ませ、ソリッドモデルを作成する メッシュ分割 固定する箇所を定義 力をかける箇所を定義 素材を設定 計算し結果を見る

ロールの固さ

イメージ
現在使ってるCADはFusion360の無償版(商用利用不可)。 ちょっと気になってFreeCADのさわりだけやってみたんだけど… あれですね。細かいところがさすが有償版。 FreeCADはさわりの部分しかやってないけど、それでも操作の内容が確定前の操作中までプレビュー出来るFusionと、確定後に結果が表示されるFreeCADだと快適さが段違い。 しかし個人的にはFreeCADに乗り換えたいところ…単純に無償でautodeskの気まぐれに付き合わなくてすむから。無償版じゃなくて金払って有償版使えって話なんですけどね。 Autodesk Fusion360とFreeCAD 風はそこそこふいてるものの、走ってきました。 で、ついて早速F1というかDD談義。 切り返しを早くするには? 軽ければ軽いほど早い(名前知らない人) リアのロール方向が固けりゃ早い(私) 単純な話で、 軽ければ単純にロールの量がすくない。そりゃ重心にかかる遠心力が少なくなるので当然。なので切り返しが早くなる。 ロールが固けりゃそもそもロールしずらいし、復帰も早い。 どっちも有ってるといえば有ってる。 結局切り返しの遅さってロールが深くて戻ってくるのが遅いって言うのが原因だし。 ただ、車重が制限されがちな昨今で、軽ければだけの考えに傾倒するのもどうかと思うんですよね。重量の問題って減らした結果重心がどこにあるかってのが重要だし軽けりゃなんでもいいってわけじゃない。 だからといってロールスプリング堅いの入れればいいじゃん?っていう私の意見もどうかと思いますがw いや単純にどっちがお財布に優しいですかってだけの話。

ただいま作図中…

イメージ
 年末年始。 超久しぶりに新幹線を使って帰省。 ここ数回…というか今年は飛行機だったり車だったりで数年ぶりに新幹線乗ったんですが。 飛行機に比べて安いし、運転する必要ないから楽だけど、やっぱり座面が痛い。 しかし飛行機は2倍の運賃で、現地交通が終わってるから言うほど早くないんですよね… で。新年早々。雪。 家では積雪約10cm 帰宅して飯食って風呂入る前の一仕事として靴にスパイク付けて1時間ほど雪かき。 で…週末当番出勤の後、ずーっとモデリング&業者に出す用の図面作成してました。 …1.5~2mmほど詰めても問題ないんじゃない? とかいうのは序の口。 使えるギア比帯を考えた後、モデルを直して他の部品の穴が有ってるかを確認してというのはまだいい。前進してる感があるから。