投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

冷却ファンを作ってみた…んだけど…

イメージ
というわけでR1200GS用のファンアダプタをさくっと作成。 アルミ細工してると相撲ロボットを思い出すね。 …きちゃない  さくっと(当時の)相撲ロボットクオリティなのでなんかもうあちこちツッコミどころ満載ですが気にしない方向で。 まぁボール盤も何もなしで作業するとこうなるわな… はなから「とりあえず隙間なく付けばいいよ付けば。」的なのりでまじめに作る気なんてなかったのでポンチすら打たなかったし… 適当に調達した8cmファン高回転型? とりあえず効果がどのくらいあるかよくわからんからお手軽サイズぴったりな8cmファン(サイズの割には結構流量あるやつ)で組み立て。グリルは元々付けてた既製品。 グリル本体と後ろ側に使うナット代わりの支えでラジエターを挟んでるだけなのでそこにファンを挟む感じ。 でさくっとGSの該当部分をばらして… GSってカウルの中身がまんま昔の「ロボットの中身はこうだ!」的な雰囲気なんですよね。 はさみを超適当な置き方してるのは性格。  さくっと装着…とおもったらそうは問屋がおろさなかった。 右側のでかいのがラジエター。○部分に溶接のでっかい出っ張りが… 溶接のでっぱりが邪魔して入らないw でっぱりがなくてもぎりぎり。 うーん…カウルばらすの面倒だからって石けん箱突っ込んで採寸なんて適当なことしたのが駄目だったか… カウル、15分ほどもあれば上の様にできる物の、とにかく作業場所とるんですよね。でかいから。 仕方ないのでファンの装着は延期。 カウルばらすついでにと用意した電源のコンセント化をすることに。 の途中、ドライブレコーダーの電源がコネクタ部分で断線したようなのでドライブレコーダーとレー探を外して半田づけし直すことに。 …ファンの上端を斜めにカットするか… 耐久力とか振動とかはとりあえず効果のほどを見極めた後でいいか。 手間暇かける価値ありな様だとちゃんとしたシュラウドを作る&ちゃんとしたファンを用意した方がいいだろうし。 最も、こんな隙間に突っ込めるようなまともなファンなんてないだろうからシュラウドで下方向に無理矢理曲げる的な芸当しないと駄目だろうけど。

ヨコモR12にプロストラットサス

イメージ
情報処理試験や仕事の都合なんかがあってここ最近は一月に一回になってるRC。 GW中も長距離ツーリングに行ってたので結局一回のみ。 その一回、ストレス発散ついでにちまちま買い集めてたヨコモR12用プロストラットサスのテストをしてきました。 左がデフォルトダブルウィッシュボーン、右がストラット TeamBomberのブロック に京商プラズマRaの部品を取り付けた物。 標準のダブルウィッシュボーンはなんていうか 「リアタイヤが食うのを前提にフロントに付けるあらゆるタイヤを”食う”か”食わない”かを分けてしまう」 感じ。 リアタイヤが食ってる前提というか、リアタイヤが食ってないときも前タイヤを食うか食わないかに2分してしまうからリアタイヤが食わないと極端なオーバーか、極端なアンダーにしかならない。 リアタイヤが食ってるときは文句なしにいいサスだとは思うんだけど。 まぁ使ってる人間がセッティング能力に乏しいのはこの際仕方ないとして。 ちなみにTeamBomberのブロックは「 アソシR 5.2 用ロアサスアームV2専用」。 対してプラズマRaは一つ古いのかな? TeamBomberのV2サス専用ブロックはブロック側にネジが切られていて、タイヤ側からネジを回す。 プラズマRaは上の写真、赤く見えてるリテーナーにネジが切られていて、シャシー内側からネジを回す。 なので PZ018アームマウントナット。 左がデフォルト・右が加工済み。 赤い部品のネジ山をドリルでつぶしてタイヤ側からネジをしめられるようにする必要がある。 …まぁ別にブロック側のネジをつぶしてもいいけど…こっちの方が安いから。高い方のネジ山をいきなり駄目にするくらいなら安い方のネジ山つぶすよねw 付けてみて走った感じは素直の一言。 まだ数パックしか走ってないから何ともだけど、食い過ぎてた前タイヤがほどよくグリップ落ちてピーキーじゃなくなった感じ。 非常にコントロールしやすくなった。 感触が非常によいのでしばらくストラットで。 しばらくというより夏にGT500サイズの京商TS020ボディが出るまでかな。

冷却を考えてみる

イメージ
空油冷のR1200GSA。 渋滞が苦手で、この時期でも15分もはまってると油温がもりもり上がってきて足下から何とも言えない熱気がもあもあ~っと上がってくる。 RTは海外の警察仕様の為ラジエターにつける為のシュラウドとファンがある物のGSにはそんな物なく。 渋滞にはまらなければ夏場でも特に問題はないものの、そこは首都圏らしく季節に関わらず渋滞はあちこちで起こる。 なのでちょっとファンを試してみようかなと。 カウルフレームとラジエター  …RTの場合、ラジエターは結構下の方についてて、ラジエターの後ろにスペースがあるので場所には困らない物の、GSはスペースらしいスペースがない。 とりあえずラジエターの大きさはざっくり横20cm、縦8cm。 スペース的に大きな物付けようと思うとシュラウドの自作だけど…こんなややこしい形状、個人で作成できる材料はFRPぐらいしか思いつかない。 が、FRPも所詮樹脂。ラジエターに樹脂を密着というのもなぁ… まずはどのくらいの大きさのファンなら入るか試すかと。 いうわけで作ってみた。 左が8cm*2.5cm、右が8cm*4cm 一般的なファンサイズは厚さ25mmと38mm。 まぁ指突っ込んでざっくりはかるに25mmは余裕っぽいので25mmは確認レベル。 38mmは入るかどうか微妙でゴムマウントされてるラジエターの余裕がなくなるかもしれないので+2mmの40mmで試験。 それぞれ間に突っ込んでみると、 下からのぞき込んで箱をさしてみたの図。上が25mm、下が40mm 38mmはないな。 フレームに当たって半分も入っていかないw 35mmぐらいならどうにか入りそう。 25mmファンなら軽いからフレーム側にファン付けなくてもラジエターにぶら下げても大丈夫かな。 既存ラジエターガードのネジを利用して前後からラジエターを挟む方向で考えてみようかな…

那智の滝・潮岬へ(4)

イメージ
日を改めて3日。 さて帰るかー…と思いつつ渋滞情報とにらめっこしてるとどうも京都のあたりで通行止め。 急いで帰っても名古屋あたりで渋滞に引っかかるだけだし早く出たところで夜中の3時に着くか4時に着くかの違いだけでしかないのでうたたねしつつ通行止めの表示とにらめっこ。 16:00頃 しびれを切らして出発。 復路スタート 17:30頃 岸和田SA着。 意外と関東圏からも来てる様子 問題の通行止めは未だ解消せず。どうも表示とか見てると積載物が散乱してその回収に時間がかかってるらしい。 そしてこの影響で京滋道が渋滞の模様。 と。いうわけで。 帰りも名阪国道決定。京滋通らないと名神・新名神使えないし. 京滋道で渋滞に巻き込まれるか、それとも亀山から四日市JCTにかけて渋滞に巻き込まれるかの違いでしかないけど。まぁこのまま進んで確実に京滋で渋滞に巻き込まれるよりはまだ結果の若欄方で行きましょう。 19:00頃 天理PA着。 ここから名阪国道の始まり。 ここからが長い… 20:00頃 名阪国道伊賀SA着。 20:40頃 ついにやってきた四日市渋滞。 今回の旅唯一の渋滞が今始まる 渋滞の原因が2つ。やっちゃった2台(路肩)と新名神の合流(左車線) んもー 程なく車列の速度が上がりはじめ、渋滞解消。 21:30頃 御在所SA着。 渋滞に巻き込まれていたのは正味30分。 車列が止まったらすり抜けしようかなーとおもいつつついて行ってたんだけど、のろのろと動くもんだから機会が得られず。そのままフルにつきあってしまいました。 油温がガンガン上がっていくうえ、エンジンが熱くなり始めるとタペット音がパタパタパタパタ…と聞こえてくるもんだからあまり精神衛生的にもエンジン的にもよろしくないんだけど。 同じボクサーエンジン載ったR1200RTは警察仕様(当然海外)としてオイルクーラーに付けるファンがあるらしいので真似するというのも手かもね。 かなり効果があるらしいし。 GS用はないので自作になるけど。 御在所で30分ほどだらだらしつつ軽めの夕飯。 23:40頃 三日月 三ヶ日JCTを新東名方向へ。 なぜか三日月とおぼえてしまってるらしく毎回間違う… 時間が時間なので豊田JCTから

那智の滝・潮岬へ(3)

イメージ
日が変わって5月2日。 ちょっと三段壁でも見てくるかと昼過ぎに親の車で。 感覚的にはすぐそこだし(自転車でも来れる距離)たまには車に乗らないと感覚忘れるので。 落ちたら確かに死ねそう さすが観光地。 駐車場代金が高い。 まぁ観光地なんてどこもこんなもんだろうけど。どうも話しによると近くの千畳敷は駐車場料金無料なんだそうな。行ってないから本当かどうか知らないけど。 あぁそういえばたまに投身自殺のニュース聞くねと思い出した立て看板 たしか円月島とか言った 帰り道。行きはダッシュボードにおいたZUMOの音声案内にだまされながら山の上を越えたので海沿いを「たぶんこっち」的な感覚で適当に走ってると見かけた島。 たまーに観光とかで夕日の絵を見るけど…こんなところにあったのか… 帰宅してから先日の雨でひどいことになってたバイクを簡単に洗車。

那智の滝・潮岬へ(2)

イメージ
4月30日は実家に付いてから爆睡。 翌日。5月1日。 9:00頃 那智の滝に向けて出発。 結構いい天気 まぁ平日だしねぇ。 ていうか田舎なので所々にある渋滞ポイントと時間さえ外せば基本的に大して混まないんだよね… 関東だと朝3時起き5時出発とか普通なのを考えるとなんと優雅な事か。 やはり裏道?をすり抜けて国道311号に出た後本宮方面へ。 10:40頃 道の駅ほんぐう到着。 やはりカメラとドライブレコーダーでは写りが違う 一休みしてから近くの本宮大社へ。 本宮大社 …まつってるのは素戔嗚尊なんだそうで。初めて知った。過去何度か来たことある…ようなそうでないような気が。 平成建立と聞いただけで… 走ってるときからなんじゃこりゃ状態のばかでかい鳥居。大社と道路はさんで向かいの農道(違)を足下まで歩いて行って案内見ると平成製だった。 木…っぽく見えるシートがかぶせられた…鉄? なんかもう平成という時点で「えー」って感じ。いやまぁそんなの関係ないんだろうけど… 12:00過ぎ 本宮を出発して国道168号線に変わってからしばらく。 左手にえげつない物が見えてきた。 左手の山が… ごっそりえぐれてなくなってた 311号線からずっと所々で工事やってるなぁ台風の影響まだ直りきってないんだなぁていうか鉄板の仮設橋とか勘弁なんて思いながら走ってきたけどさすがにこれは。 さすがにこれは直そうにもなおせんわな。ケーキにフォーク立てて切り取ったかの様とでも言う感じか。 12:40頃 JR紀勢本線・那智駅(道の駅なち)到着。 ちょっと一休み… 13:00頃 那智の滝到着。 重機が邪魔。 ここも工事中。 有料の方はさすがに邪魔は入らなかった うーん?? 小さい頃一度だけきたような…覚えがあったんだけど何の印象も覚えていない。 その理由がわかった。 迫力がない。確かに落差はあるかもしれないんだけど…なんていうんだろう滝は滝なんだけど荒っぽさがないというか。いやまぁケチ付ける気はないんだけど想像と違うというか印象に残ってなくても仕方ないかなぁという感じ。 華厳滝の方が印象に残りやすいというか。 バス停の近くから大社に上ろうとして息を切らして座り込んだのは内緒だ。

帰省 那智の滝・潮岬へ(1)

イメージ
今年のGWは間に三日間平日を挟んだ形。 ここ数年のパターンで言うと職場的にGWの予定云々のアンケートが回ってきてそれに書いとけばよっぽどの事がない限り休める…という優雅な生活だったモノの。 職場が変更になって古巣に戻った都合 「はぁGW?なにそれ?」 状態。 という訳にもいかず。毎週末休み削って自社の仕事を片付けている身としてはまとまった時間はやはりほしい。 そもそも論としてGW出てまで仕事しないといけないほどか?という整理から何から何まで全部やった上で休みゲット。 まぁ自社の仕事をやらないとなんだけど。 そして考えた。 GWの間三日は平日。間が長めな為休みとりにくい。 おそらく組み合わせ的にGW前半・後半に分かれる.。 行き帰りの連休渋滞が2セットできる。 てことは…前半の終わりに出発して後半の始まりに帰ってくれば渋滞すくないんじゃね? さて。問題の行き先。 泊まり確定。 まぁ西か東かしかないんだけど雪云々いってるから西かな 山陰にいってもいいけど急すぎるし宿の手配なんか間に合わん あんまり行きたいとは思わんけどまとまった休みが取れてしかも渋滞をかなりの確率で避けられる機会もないしなぁ…余計な詮索とかされて不快な思いするのは確定だけど機会を無駄にするよりはまだマシか。那智の滝行ってみたいし。 というわけで4月29日~5月3日にかけてバイクで実家、要はリベンジかねて那智の滝・潮岬ツーリング確定。(ただし自社の仕事が片付くか次第 まずはGW初日。かねてから約束していたキャンプ。 帰宅してから後の二人がそれぞれの家で爆睡してる中いつも通り仕事。 ある程度手を出しておおよその時間的な見積もり出した結果、まぁ大丈夫だろう。と。 毎度のごとく朝4時ぐらいに仕事を切り上げて睡眠。 15時ぐらいに起き出してきてインカムの充電して持って行く物まとめてだらだらしてから… 22:45頃 いつもの四ツ木ICで簡単に荷物の積載確認してから出発。 いつも思うけど堀切・小菅JCTあたりもう一車線増やしてほしい  普段は東北道に乗るのでそのまま北上だけど堀切JCTを都内方向に入ってスカイツリーを見つつ 左にスカイツリー  そのまま箱崎・江戸橋