投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

ぱっと見は平和でも足下は常に場所取り合戦

普段通勤しててよく思うんですけど 「歩いてるとき足は想像以上にその場にとどまる」 ということを理解して歩いてる人って少ないですよね。 人を抜かしたり横切ったりするのは別にいいんだけどそのタイミングが「胴体さえ通ればすべてよし」。 胴体は確かに抜かせてる・横切れてるんだけど”まだ残ってる足”に躓きそうになる。 もうちょっと余裕を持って抜かすなり横切るなりしてくれればいいのに。 そうでないとつい「健を ザリッ とつま先でひっかいてしまう」じゃないですかw まぁそれでも普通に歩道を歩いてる時ならまだ予想もつくしどうにでもなるんだけど下りのエスカレーターや階段で並んでるときの横から割り込み(階段の真横に電車が来てドアが開いたときとか)がやばい。 無理に蹴飛ばさないよう押さえてつんのめって階段で将棋倒しになるリスクを負うなら無理な割り込み・横切りをしてきた足を…と考えるのはうちだけ?? てかうちの場合姿勢的に多少でも無理な時は遠慮無く ザリッ とやっちゃいますが。 まぁこんなのは序の口で最近は自転車でコレをやる奴が多い多いw せめて数秒後の自分と相手の位置ぐらい予想して動いてくれと。 電車通勤と狭い歩道だけなんでしょうかねぇ… 岡山にいたときこんなことで悩まなかったし。

R12シェイクダウン

イメージ
水曜日(文化の日)にも行ってたんですが。 土曜日改めてシェイクダウン。 水曜日。 とりあえず走れるようにして持ち込んで、現地でタイヤ作成。 M300GTの事もあるしまずはそろ~りと走りだしたものの…強めのアンダー。 まぁこれは前タイヤにポジキャンがついてただけで直すと弱オーバー程度。 ちょっと後ろを引きずり気味だけど…まぁサイズの割には暴れてからすっぽ抜けまでがゆっくりなのでどうにかなる程度のアバウトさ。 とりあえず水曜は何もせずにタイヤだけをすり減らしてみた。 土曜日。 しばらくはドノーマルのまま…と思いつつそれはそれで退屈なのでロールダンパーの堅さだけ調節してみる。 GenX10的にはロールダンパーが”堅いとリアがついてこなくなるけど落ち着いて、柔らかいとついてくるけどすっぽ抜ける”傾向があった。 て、まぁグリップが落ち着くというのもうち的にはちょっと違って言ってみれば加速で握っちゃう=雑なアクセル操作を適当にいなしてくれるという方がしっくり来る。 で。引きずり気味…なんだけどX10のロールダンパーは堅め堅めに合わせて行っていたのでとりあえず100番堅くして700番(600番で組んでた)。 なんか違うというか…ぎこちない。平たく言うと"さらに曲がるのを待つ必要がある" ので600番に戻して一本走った後今度は500番。 少し柔らかくすると後ろが素直についてくるようになった。 多少滑り初めてからが短いモノのまぁどうにかなるレベル。 700番はとりあえず堅すぎな様子なので論外として500番を基本にしていくことに。 とりあえずタイヤが駄目になるまでは…と思った矢先。 リアバルクのネジがゆるんでデフハウジングをえぐってタイヤロック。 バラして締め直し。 バッテリーのつけ外しをしてると… 滑ってコードをえぐる。(場所的に指じゃ届かない場所にコネクターを押し込んでたのでレンチのさきっちょでコネクタを圧入してた) コードを保護して配線の位置変更。 さてこの1本で終りにするかーと思って走ってると… ダンパーが抜けたw そんな腹を強くぶつけた覚えなんか全く無いんだけど…まぁ軽いおかげでちょくちょく飛んで

郵便が届かない

イメージ
キミヒコさん ところでゼロフリクションセンサーコードとケーブルを一本ずつ頼んだモノの… 一向に届かない。 水曜に出したという情報はあったものの… やはり郵便局は信用ならない… 昨年情報処理試験の受験票が届かなかったの以来?とはいえ…やっぱり郵便はつかえない… てか学祭の往復はがきが届かないのももしかして郵便局の仕業? ともあれ届かないから放置という訳にもいかないのでとりあえず配線。 とりあえず 元々ついてた ケーブル は でモーターまで長さ的に 届いたのでL字にしてたコネクタの向きだけをストレートに修正。 センサーコードは…まぁ届かなかったら自作車に使ってるコードか、長すぎるようなら現地調達の方向で。田宮様のおかげでどこでも手にはいるようになったし。

吾妻渓谷再び

イメージ
日記の順番的には前後するけど。 引越しが終った翌週10月29日に一年ぶりに紅葉を見るため 八ッ場ダム に行ってきました。 (昨年度は こっち ) 朝…まぁ毎度のごとく3時半に起きたのはいい物の。 結局でたの6時半。 ここまではまぁよかったんだけど… これでもかという感じで大渋滞w 写真は三芳PA。 ちょうど関越に載った頃に事故があって渋滞開始。 うごかんなぁ…と三芳PAに逃げ混んだものの…PAの中まで大渋滞。 一時間半ほどまって少しマシになったので行きましたが…酷いときなんかPAから出るのに30分以上かかっていた様子。 で。 去年と同様、前橋ICで降りた直後に道間違って。 榛名山経由で吾妻渓谷。 …すごく…青いです… ちょっと時期的に早かったのかようやく一部が色つき始めたかな?という感じ。 やんば館 前から。 帰りに 道の駅おのこ で昼飯食って帰ろうかと思ったら数分遅れでオーダーストップ。 そば殻の枕買って帰ってきました。 走行距離約400k。まぁ2ヶ月ぶり?にしてはよく走った? 去年の様な紅葉を期待してただけにちょっと残念…

ただいま組み立て中

イメージ
そういえば今年の学際の連絡が無いんだけど… いつもなら往復はがきが来るんだけど今年はナシ? 特にメールも来てないし…まぁいいけど… 組み立ててて変な箇所を見つけた。 ←10mm皿。8mm皿→。 キット標準は8mm皿。 ネジ山一山分しか出てないから締められない。なので手持ちから10mmをば。 これ以外は特におかしいところもなく。 …サーボどうしようか… ミニサーボは自作車に乗ってるのでFGX用に用意した通常のロープロでもとりあえず載せとこうかな…

Yokomo R12

イメージ
FGXに失望したショックから数日。と言わず数時間。 シェイクダウン当日帰宅間際にみんなで店の中をウィンドウショッピング(死語)してるときに YokomoのR12 が異様にやすいことに気がついた。 なんでもIFMARでTQ/優勝決めた記念キットなのでやすいんだとか。 ちょうど12月に 田宮のレーシングマスター が出るねーみんなでやる?みたいな話をした直後。 …レーシングマスターのサイズは現行トゥエルブを少しのばした程度。 田宮製品は青くなって知らないうちにマシンが増殖して金ばっかかかるからボディが田宮なら中身なんでもいいんじゃない?という話になり… R12をご購入。yokomoの車両は大学の時買ったYR-4M2以来。 二日ほどかけてカーボンの角落として瞬着流して。 今日からちまちまと足回り作成開始。 いやー良くできてるわw とりあえずスプリングのサイズは通常のサイズとは違う事だけは確定。 まぁ部品の1/3程度はGT500と共通な上、タム大宮がyokomoの公式レース会場となった手前、GT500用の部品は置いてるっぽいのでひとまず楽観視。 まぁ焦らないのでゆっくりと…

さらばFGX

イメージ
3日にシェイクダウンに行ってきました。 …朝… 起きてからというものFGXに使える特殊サイズのスプリングを引越し荷物をひっくり返すこと約1時間。 見つけたスプリングとGenerationX10に使っていたスプリングをもって準備完了。 …万が一。万が一の時のために?と自作車もナップサックに詰め込んでタム大宮へ。 ついてからというもの。 タイヤが無いのでソレっぽいツーリング用26mm・24mmタイヤを購入。 ボディ塗ってないのでスプレー缶購入。 スプレー吹いてタイヤ組み立てて。 タイヤをはこうとしたときに問題発生。 後ろはいいとして前。通常のツーリング用六角ハブが入らない。 通常のハブは締め込み過ぎを防ぐために段がついてるんですが、FGXはピンがより奥についてるようでピンとかみ合わない。 ハブもって店舗へ。わからんからアクスル抜いて店舗へ。 結局田宮ミニシャシー用のアクスルとヨコモの5mmワッシャーを購入。 無理矢理前にタイヤをはかせることに。 スプレー吹いたのを回収して… ボディ乗せてシェイクダウン開始。 この時点で午後1時。ついてからすでに3時間。 まぁ時間がたつ程度なら別にいいんだけど…その後がいけなかった。 とにかくタイヤが食わない。 通常のツーリングだと全く問題のないタイヤをはいてるにも関わらず食わない。 タイヤ幅を無視してサーキットでもっとも食うという手持ちのタイヤをはかせても食わない。 …まぁ食わない程度なら暴れるのを無理矢理押さえればいいだけの話なんだけど… グリップ失ってから操縦不可までの時間が早すぎて追いつかないw ついでに。 いつの間にか右アッパーがぽっきり。 左が自車。右がNさんの。 …まぁ多少縁石乗り上げたりぶつけたりはした。 けどそれも低速での話。(この日13.5T+ローギアードだった) 二人して全く同じ箇所をやって… 写真の通り無理矢理なおしたものの。 しばらくして万が一の自作車を引っ張り出して鞍替え。 いやー半年ほどいじってなかったけど笑っちゃうほどよく走るw セッター借りてタイヤの表面薄皮一枚分程度削っただけ。 さすがに無セットでフルスピードは無理があるもののそれでもFGXと比べれば雲泥の差。 結局その後はずーっと自作車で走ってました。

FGX購入

イメージ
sakuraFGX購入。 とりあえず組み立てたものの… 組み立て中デフが壊れた サスのピロボール付け根が割れた という… さい先の悪いスタート。 デフに関しては互換のあるsakuraFFのボールデフを別途調達。 ピロ付け根は…とりあえずついてるので放置。 はじめてのF1。 まぁしばらく遊んで後はコンパクトにできているドライブトレーンを自作車に流用できればいいやと思ってたけど…かなり難しいね。これで消耗品のスパーが汎用品使えれば良かったんだけどねぇ。 まぁ言ってみればTT01並の価格なのでほどほどに遊べればいいかな。 TA06(2WD)つかって思ったけど走らせて楽しいのはやはりDDかもしれない。 後ろにサスがつく…というかギアが何枚か噛むとどうしても反応がダルい。 いやまぁサスのせいかもしれないけど。 とりあえず組んでみて。 一カ所だけ補強。 これでもかっ!とそりまくったFウィング。(上) と、 例によってカイダック(3mmの端材)を下にはさんで是正したの図。(下) まぁ…見た目的に反ってるとダサイので。 実車F1にはたいして興味がないので実車も反ってるのかもしれないけど… しかしこの車。 どう考えてもサスのジオメトリがおかしい。 通常サスが沈むとタイヤはネガキャン方向に変化する。 けどこの車はポジキャンの方向に変化。 …大丈夫なの? 後ろは無理矢理修正できそうだけど前は直せないよね。構造上…