投稿

6月, 2022の投稿を表示しています

猛暑の中シェイクダウン2日目?

イメージ
 気を取り直して。 先日くそ暑い中走ってきました。 いや。あつすぎやろ 気になるモーターの温度は 初の70℃越え いままで、記憶に有る限り一度も70℃を超えたこと無かったZENのモーター、初の70℃越え。 自作RC-2号車を含め、いままでずっとアルミモーターマウントを使っていて、今回の3号車が初めての樹脂モーターマウント。というのもあるのか。な? まぁ70℃であれば許容範囲内? 確か80℃を超えたら磁力が戻らなくなるからアウトという話だが… さて。構造的にこの問題は解決がむずかしいぞ?まぁ最初からヒートシンクの類いはつかないの解ってたけど、どのくらい温度が上がるかはやってみないとわからねぇと放置してたんですよね。…ファンでも回すか?? くそ暑いせいか動きが重い。 前回12秒3前後だったタイムが12秒4~5程度と伸びない。 原因なんだろなと思いつつなんとなくレース前に行う簡易チェックをやってみるとフロントが全然食ってないことが発覚。 スペーサー2mm 3号車は2号車に比べ、ダンパー長を確保するためにステーで少し持ち上げているんだけど、持ち上げただけだったので2号車に比べ角度が立っていたので少し寝かせるために2mmのスペーサーで少しだけ持ち上げ。 合わせてキャンバーを0度から2度に。 これで大分マシに。 タイムも前回と同等ぐらいまで復帰。 ほんとはダンパーの長さでどのように変わるかテストをしたかったんだけど… TRFダンパーとZEN(アクソン)のダンパー とにかくよくオイルが漏れる 今回持ち込んだZENのダンパーはツーリング屋さんに聞いたオイル漏れ対策済みのもの。 シール部に0.1mmのスペーサー シール部に専用グリス を行ったにもかかわらず漏れるww で、バッテリーのバランスポート部にたれるwww あれですな。うちには合わんなw スペーサーを0.2mmにすると動きが渋くなるし。0.1mmでもちょっとどうかなぁ…感があるのに。 X形状のOリングに交換して駄目ならお蔵入りでしょうかね。

(RC)F1のレギュレーションについて考えてみる

イメージ
さて。文句ばかり言ってもしようがないので 真面目に 考えてみる。 屋上サーキットの広さ的に、ヨコモの30.5Tだと広すぎるのはたぶん間違いない。 つくばRCアリーナで走った感じだと、おそらくゴムタイヤで走る分にはちょうど良いけど、スポンジだとおそらく… ストレートに合わせると加速が鈍すぎて面白くない コーナーに合わせるとストレートが遅すぎる のどちらか。 つくばRCアリーナぐらいコースが狭ければ問題ないんだろうけど、いかんせんタムタム大宮の屋上は初心者用?で コース幅が広すぎる 。 実際に走って見ろよって話だが… また「ズルイ」かよってやる気が失せた のでヨコモの30.5Tはナロー仕様車に載せっぱなしだったが昨日はやらなかった。また今度。 で、21.5Tだと今度は早すぎる。 早いって言っても…毎年11月に行われる「無制限F1クラス」でのタイムが早い人で11秒半ばぐらいだったはず。21.5Tやそれ以上のモーターでぶっ飛んでいたが、 実はZENの30.5Tで出てもレースになるんじゃね? ってぐらいの直線番長っぷりで、 ストレートは早いけどストレート以外はグダグダ 。 まぁ21.5Tつっても「ヨコモの」というアレがつくので「ヨコモ以外の」21.5Tだとまぁお察し。 11月の無制限F1クラスはぶつけられて壊されそうで出たことがないから実際どのくらいなのかは第三者視点でしかわからんが。 じゃぁどうするの?って話だが。 昨今のアンプだとRPMに制限かけられるものがあるからアンプで制限掛けちゃうのが一番な気もしないでもないが… アンプ指定も今更なのでコレもダメ。 …じゃぁほかのレースはどうなってるんだって話だが。 ETS(EuroTouringSeries) モーターもアンプも固定。エントリー費用にレンタル代込み。 しかもアンプはF1用のファームまで乗ってるっぽい つくばRCアリーナ ヨコモ30.5T固定。そりゃ運営がヨコモだから当然だ。 ゴムタイヤ。ESCは自由(タイミング・ブースト不可) ZEN ( その2 ) ヨコモ21.5T固定。進角調整あり。自分の所のモーター外したっぽい。以前は確かヨコモかZENの25.5Tor21.5Tのどちらかでレンタル有りだったと思うが… ESC自由(タイミング・ブースト不可) モロテック ヨコモZERO3の21.5T固定。ESC自由(タイミング

レギュレーションに物申す。またかよもうウンザリだよ

イメージ
またですよ。 今度は F1/TRGクラスのZENモーターがズルい んだって。 あ。そ。 で?って感じだよホントに。今度はモーターが「ズルイ」んですか? 前回のショートリポは 書いてないけどズルイ よって話だったけど、今回は 書いてるけどズルイ んだと。 前回の「ずるい」 今回の「ずるい」 そしたらあれか?うちだけじゃなくて2019年にずっとうちと1位争いしたTRGの中の人もズルいんか? 別にうちとTRGの中の人だけがZEN使ってたわけじゃないぞ? 他にも使ってる人いるぞ? だってレギュレーションに書いてるんだもん。 今回のズルイ騒ぎを言い出した奴別にひとこと言わせてもらおう。 今まで参加して無くて参加したい人 ZEN売ってないよね。それはね?ついこないだタムタム大宮が 在庫処分で全部放出しちゃった から。 で、だ。 そういうのは ズルイ んじゃなくて 不公平 って言うんだ 言葉を選べ 。 今まで参加しててZENとヨコモの差を改めて認識した人 2019年頃から約3年間、 ずーーーーーーーーーっっっとZENのモーター売れ残ってたんだから買ってやれよ! ズルイって言われる筋合いなんかねぇよ おまいらがいいたいのは結局の所、こないだの 在庫処分で2200円だったZENモーターを買い逃したから今更ズルイって騒いでるだけ だよふざけんな。 大体2018年にうちがモーター買うときにZENの方が良いってアドバイスはもらったからヨコモよりお高いZENを買ったんだよ!当時からZENの方がいいってのはわかってたのを買わなかっただけだろう まぁね。 現在30.5Tはホント数える位しか売ってないしね。そういう意味では不利なモーターしか安易にかえないってのは不公平だよな。新規の人からすると。 まぁそういう意味では別にレギュレーションを変えるのに異議はない。 異議はないんだが、今更遅いヨコモを買えだとか、今更ブラシ(540)モーターに戻れって要は今のモーター捨てろってのは納得いかない。特に「ヨコモを買え」パターン。 ヨコモの方が安いからってヨコモ選んだ連中に 「おまえらのモーター早いからそのモーター捨てて安くて遅い俺たちが選んだモーター買い直せ」 とか言われて納得いくか? まぁ…つくばRCアリーナ用にこないだ中古のヨコモモーター買ったけどね? そこはそれ。そんな言い分、うちは納得いかない。よって

YZ-2のバッテリーがずれる問題をなんとかしてみる

イメージ
 先日YZ-2で問題となったバッテリーホルダー。 結局の所大本の問題はかさ上げの方法。 小さいスペーサーで持ち上げてる ホルダーは溝で、シャシーに対してはD型の直線部分で回転しないように支えてる。 こんな形状のスペーサー よくよく観察してみると… 標準の位置は線の穴をスペーサーでつなげてる 穴の左右に足を突っ込む余裕があるので… スペーサーの両脇を伸ばして足を生やしてみた CADでちょちょっとスペーサーを作成し、3Dプリンタで印刷。 明らかに増えた接触面積 これでがっちり…とまではいかないけど、まぁ十分な回転防止になるだけの頑丈さは出てるっぽい。 とりあえず試作で1個しか作ってないので今度屋上民Kさんの分と合わせて4つ作って見ましょうかね… もっとも、 細かい事言わなければ2カ所で止められる 止める位置を少しずらせば2カ所で止められるっぽいですが。

感謝デーなのでオフを練習

イメージ
つくばRCアリーナがお客様感謝デーで安かったので屋上民一人と元同僚の3人で走りに行ってきました。 …オンロード…は 芋洗い 状態だったので数周で諦めてずーっとオフばかり。 近くイベントがある らしく、おそらくはその練習の人。 お立ち台満員、セッティングが出ていない人お断り…とでもいいたげな前後2mに必ず一台走行という半端ない密度。 ていうかレギュレーション…( speedkingtour ・ super-gt )…17.5とかで遅い枠はしるのはヤメレ。空いてるから他の枠でも走るとかもう無法状態… 数周はしった感じ、前回きちんとグリップしていたリアタイヤがずるずる。すぐにリアタイヤがおかしいということに気がついたので諦めたんだけど、前回帰宅前はきちんとグリップしていたのになんでずるずるになってるんだろう?? グリップ剤がよくわからん… まぁオンはほっといて。オフ。 11.5Tモーター+LiFe1本でフル回転 …17.5Tで文句言ってる奴が11.5Tなんか使うなというツッコミはナシで。その代わりのLiFe。 これで大体、 17.5T+30C-LiPoより少し早い 理屈上は17.5Tの方が早いはずだが…LiPoは30C、LiFeは60Cという違いなのかな? 周りの車より少し遅い。 タミヤ車にストレートで離されてコーナーで追いつくくらい。 助走を意識すればジャンプもどうにか届く くらい。 結論。 初心者枠で走る分にはちょうど良い 。当分この組み合わせで決まり。 ショートのLiFeは手持ち1本しかないので昔やったように2Cと少しとなる6Aで充電。つかった分を約15~20分ぐらいで充電出来る程度のスピード。 10年前は8A充電とかやってたのでこれでも押えている方。 10分で大体1000~1300mAぐらい オンがダメなのでもうフル回転。 同じ車使ってる屋上民Kさん曰く… バッテリーホルダーがずれて外れる バッテリーホルダーの取り付け方法の都合、ずれて外れてしまうとのこと。 うちの車両では一応引っかかってる…ので外れはしないという程度。 で、この部品、買うと1600円するという話。 そんな高いの?と思って店で確かめると確かに1600円… いやまぁ普通に使っていれば壊れる部分じゃないと思うので需要はないんだろうけどそれにしても… というわけでこのズレ対策部品を3Dプリンタで少し考え

ルマン24時間 2022

イメージ
今年もトヨタが優勝。 同クラスに車両が増える来年からが本番でしょうかね。 ほぼ確実にくるのがフェラーリ、あとは…プジョー? 今年のルマンに限らず熱いのがGTクラス。2017年は最後の最後までコルベットとアストンマーチンが魅せてくれたんですが… 今年はLMGTEプロクラスの…これでしょうかね。 いや何度見ても酷い。 いやあかんやろ。ソレ 詳しくは こちら 。 確かに牽制されたのは車両の動きから見て取れるんだけどねぇ… 他クラスの別エントリとは言え、ここまでそろってると作為的な物を疑われてもしようがない。 作為的と思わせるトドメは事故を喜んでると思われる拍手。

ウイングのマウント部分、別バージョンを試作

イメージ
土曜日、自宅の階段ですべって転んでかかとを強打して悶絶 orz 今朝、F1ボディの脱脂してるとシンナーをひっくり返してびちょびちょ。 なんだ呪われてるのか? 先日タムタム大宮で自作RCのF1-3号車をシェイクダウンしてる時。 スキマに嵌まってマーシャルに助けられた時に「あ。」と思った。 「人によって車両をもつ所は千差万別」 と。 ウイングもってぷらぷら まぁ強度的には大丈夫なんだけど。 それ以前に通常のマウント方法でもリアウイングを持つ人はあんまり居ないような気がする。うちも基本的にはフロントウイングを持って、リアウイングは持たない。 というのもナイロン歪んで リアウイングが寝る様な 気がする から。 なので設計的にリアウイングを持ってぷらぷらすることは考えてなかった。 前回の走行で路面のギャップをひろってウイングがブルブルしてたので合わせてちょっと対策してみた。 左:元々の設計 右:対策品の試作版 元々のマウント方法。ブルブル震えるのに目をつぶれば強度はこれでも十分 修正品(写真の物から試作が進んだ別バージョン) 主な違いは カーボン板のブリッジを持つ方向が異なる リアウイングの懸架してる足が増えた の2点。 あと、細かい所でリアシャフトと接触ギリギリだった後ろ側を1mmほど離した。 ただ、元々両足も可能な状態なのにも関わらず片足設計だったのは バッテリーの脱着に不安 ダンパーの脱着が超面倒になる の懸念があったため。 試作版でバッテリーの脱着をためしたところ、 バッテリーの脱着自体には問題なさそう …バッテリーは問題ないが… 手に取っていろいろ眺めた感覚として、やはり分解の面倒さが倍増してる… 特にピッチングとロールのダンパーが手間倍増…倍増で済んでるのか?これ? あと、おまけ対策としたリアウイングのぶるぶる問題は指で弾いた時の震え具合が 「びよよょょ~ん」 から 「びょん」 になったことから路面があれてるタムでは効果があるだろうけど…谷田部では両持ちの必要は現状なさそうなのでタムで使用するワイド仕様のみ両持ちにしときましょうかね。 屋上のバンピーな路面で片持ちと両持ち両方ためして見ようかな。 リアウイングの押える力を片持ちで支えるか両持ちで支えるかの違いとかあるのか気になるし。

(昔の)ブラシレスモーターのベアリングを交換してみた

イメージ
ふと思った。 YZ-2に載せるパワーソース、実は11.5T+LiFeでもいいんじゃね? と。 現状載せてるのはもらい物のヨコモの17.5T+LiPo(30C)バッテリー。 公称が正しければ17.5Tは2700rpm/V。 10年前に好んで使用していたSpeedPassionの11.5Tは(確か)3000rpm/V。 2700rpm*LiPo8V  ≒  3000rpm*LiFe7V という安直な考え。 まぁとにもかくにもやってみないことには始まらない… という訳で昔使っていた11.5Tのモーターを修理してみることに。 修理といってもゴリッているベアリングを交換するだけ。 ブラシレスの寿命なんて余計なことをしない限りはベアリングの寿命とイコールだと思ってる。 ただ、ベアリングの打ち替えする器具って高いんですよね! MK-BRP3 【Muchmore Racing/マッチモア レーシング】 ブラシレスモーターベアリングプーラーVer.3 posted with カエレバ 楽天市場 Amazon 先日シェイクダウンの為に大宮に行ったときにスーラジに立ち寄った物の、な~んか…使えるのか使えないのかよくわからない様なプーラーしかおいてない。 使えるかどうかよくわからない物に3000円かけるのもなぁ… というわけで購入せずに帰宅。 現物とにらめっこして3Dプリンタで適当に作ってみました。 安定の3Dプリンタ …わざわざポリカーボネートで印刷しなくてもPETで十分だと思ってる。 思ってはいるんだが、なんとなくポリカーボネートで印刷してみた。 写真はいろいろすっ飛ばして外すのに成功した図。 まぁ要するにベアリングをネジでまっすぐゆっくり押し出すだけ。 治具に求められるのは ネジを支えられる。ネジを締めた際のトルクに耐えられる。 ベアリングを押し出せるだけの逃げがある この2点。 ベアリングを引っこ抜いた後はサイズを測って… 同じサイズのベアリングを購入 特に拘りはないので サイズが明記 されている物を購入。 なんちゃら用とかで売られてるとわかんないんだよね… てめぇの事だぞ?とり○ん 新しいベアリングに打ち替え あとは適当に打ち込むだけ。 コレもネジとナットでまっすぐに。 打ち替え完了 今度LiFeで走らせてみよう あと、話は全く関係ないが、 某ボディが載った なんとなーく自作RC

自作RC-F1 3号車、ワイド仕様をタムタム大宮でシェイクダウン

イメージ
 つーわけで。元々の設計状態であるワイド仕様をいつもの屋上(タムタム大宮)でシェイクダウンしてきました。 明日(日曜日)はレースという中、嫌がらせついでに席を埋めてやるぜ~ と思ったら終日席は全て埋まらず…なぜだ。春はあんなに椅子取りゲームしてたのに… 組み立てただけの状態からスタート メカを積んでいた物の、前回のナロー仕様のシェイクダウンをムリヤリ間に合わせるため部品を吸われた為、今日はこの状態から。 ~2時間経過~ 昼過ぎにようやく組み上がり。 左がワイド仕様、右がナロー仕様 ワイド仕様を組み立てる為にナロー仕様の部品を使うという… とりあえず、前後ダンパーは別途用意が必要。前は最初からわかってた物の、後ろダンパーはオイル漏れが酷くてまだ使えないのん(アクソン+ZENのダンパー) シェイクダウン コースイン。 谷田部で問題が発生したリアウイングはあらかじめカット。 まぁカットしなくてもタイヤの直径がゴムと違って少し小さいので大丈夫だろうが一応。 セットは2号車のセットそのまま。 …そのままといっても車両が違うので足回りのアライメントは全く違うけど。 なのでキャンバー・キャスターやスプリング、オイルの固さ等は2号車のまま。 走らせた感じ、2号車と比べて明らかにお尻の挙動が落ち着いている感じ。 TRG117がスロットルで曲げるなら自作F1の2号車はステアリングで曲げる車。 今度の3号車はステアリング重視なのは変わらない物の、スロットルである程度目的の位置に引っ張れる感じ。 特筆すべきはお尻の挙動。 非常におさまりが良い。一度滑るとTRG117に比べて少し押さえるのが大変だった2号車に比べ、すごく挙動が読みやすい。 TRG117が滑る量のコントロールが非常に簡単で常時スロットルで滑りをコントロールしながら最短ルートを走るなら、2号車は限界は高いけど滑ると117に比べて押えるのが大変なので意識してできるだけ滑らせず走った…のに対し、3号車は2号車に滑り量のコントロールの簡単さを足した感じ。 リアの構造自体は2号車に比べ、 ロールダンパーの仕組みを一新 ウイングの車体懸架 の2点の変更…なのでおそらく後者のウイングの車体懸架でばね下重量が激減したのが聞いているのだと思われ。 モーター側にウイングを懸架するスタイルって、バネ下重量がすごく重くなるのと同時にばね下として動くブ