2014年5月27日火曜日

NUC D54250WYKH その後

メインマシン導入から約1ヶ月。

一通りの環境移行もすんで一段落したのでレビューをば。

本体は最終的にざっくり以下。

  • intel NUC D54250WYKH
  • メモリ16G
  • mSATA-SSD128G+2.5inchSSD256G
  • Windows8.1+カスペルスキー
  • REGZAの40inch(1920*1024)+26.5inch(1920+1200)のデュアルディスプレイ
  • 音声はHDMI経由でREGZAにいったん出力、光ケーブルでA-H01に。


結局本体にはSSDのみ。
圧倒的な容量不足は…
QNAP TS469L
例によって例のごとく。購入後テストしただけで出品したというTS469Lを落札して対処。
まぁ欲をいえばTS469LではなくてTS469Proの方がいいんだけど本体だけで運用はまずないし、IFがSATA6G…じゃなくてもそもそもそんなところがボトルネックにはなるとはちょっと考えられないのでまぁいいかと。

中古で新品相場より遙かに安かったし。

とりあえず従来より運用していたTS219Pは従来通り完全なバックアップ用、新規のTS469Lは容量足らない分の補完用として運用。
TS469Lの方はTS219Pに比べてそれなりにファンの音を出すので…NAS2台両方離れたところに移動。

…たぶんファンの音が原因で出品されたんだろうな…

当初TS469Lは早くてもせいぜい7MB/s程度しかでなかったものの、いじくり回した結果コンスタントに90MB/s程度出るように。

TS-469Lの速度。導入直後。
TS-469Lの速度。修正後

結局原因はsamba周り。RC段階のファームにあげると解消。

「何もかもバージョンの古いTS219Pは30MB/s程度は軽く出てるのによりハイスペック、より新しいTS469Lが7MB/sってなんかおかしいやろ。
ひとまず本体不良の線を消す一番簡単な方法はソフトウェアのバージョンそろえることか?」

とあたりをつけるまでは大変だったけどあたりが着いた後は解消まで早かった…


閑話休題。


というような環境で現在常用中。
以下レビューを箇条書きにて。


  • HYPER-Vは問題なく稼働。旧PCのSSD256Mを持ってきて、仮想ドライブを置いたせいか以前に比べて圧倒的に早くなった。無線LAN経由でつなぐのに一悶着あったものの、その辺は過去の日記参照。
  • デュアルディプレイ関連は特に異常なし。使い勝手は従来通り。
  • メインストレージをネットワークに放り出した(NAS、TS469Lに。)点については速度が改善されたので特に不自由なし。ローカル接続されたHDDでも使い込んでれば100MB/s程度に落ち込むので、「Windows起動直後は切れている」事を除けば問題なし。これによる不都合は現状タスクバーに登録するショートカットに制限を受けたりするぐらいでまぁファイルの運用次第でどうにでも成る範囲。(切れてるのはエクスプローラーからつついてみたりとか何かしらすると勝手につながるんだけど)
  • スペック的な面については普段使いする分には全く気にならない。
    強いて言えばGoogleMapをぐりぐりやってツーリングのルート考えてるとファンが音を立て始めるというぐらい。

こんなところでしょうか。
普段使い用としては全く問題ないです。うちはゲームのたぐいはしないのでそっちはよくわかりません。(艦これは一時期やってたけど実質引退)

youtubeの高画質動画なんかをいくつか垂れ流す程度ではファンの音が気になることはありません。
今のところファンを回す最も簡単な方法はGoogleMapをぐりぐりやるぐらい?
そういうことをしない限りファンが音を立てて気になるということはないです。(ちなみにおいてるのはディスプレイの下)

…音に関してはNUC本体が出す音より26.5inchのLCDが出す音の方が気になる…
4Kテレビが普及価格帯に降りてきたら4Kテレビ一台にNUCで十分かなー

2014年5月20日火曜日

奥大井湖上駅の駐車場

どうも奥大井湖上駅の駐輪場入り口についてググってきてる人がいるようなので。

検索エンジンだと過去の日記にリンクされてるようだけど…HDD内画像探してもありませんでした。
というわけで。

googlemapだとここが入り口。
座標で言えばE35.172117 N138.183329。


GoogleMapには表示されていません。


川の下流から上流方向に走って行くと仮定すると
トンネル抜けた2本目の右側に降りていく道です。

トンネル抜けて、
一本目はトンネルの外をグルッと回る道です。Uターンして元来た道に戻ります。
二本目は駐輪場に降りていきます。
三本目はお堂のところに歩道っぽいのがありますが、行き過ぎです。(二本目とつながってた気もするけど)

二本目を降りていくと農家の作業場みたいなところ?に左折して入っていく道がありますが気にせず右手の山に沿って直進、突き当たりまで行きましょう。

突き当たりが駐車場になってます。
結構傾斜してるので足つき悪いバイクにのってるひとは留め方に注意が必要です。
降りて方向かえればいいよねと思っても傾斜があるのでかなりつらいと思います。

奥大井湖上駅には駐車場の脇に「山越えしてね」という立て札があるので基本立て札に従って山越えすればOKです。
ヒルがいるので注意的な事も書いてたような気がします。

山を登り切ったらちょうど「電車のトンネルの真上」に奥大井湖上駅に降りていく道があります。

奥大井湖上駅には線路を渡っていきます。(線路脇に歩くスペースが用意されてます)


わからなかったらそのまま北上した先に資料館があるのでその辺で聞くといいと思います。
(初めて行った際ココで道聞いた。ちなみに資料館への入館は有料(5年前の話で今はどうか知らない))。


2014/11/19更新

いつの間にかGoogleMapのストリートビューが入り込んでますね。
ココです。
知らない間にリンクが切れるので…座標で言うと

35°10'12.5"N 138°10'57.4"Eです。GoogleMapだと「35.170139, 138.182611」で検索すると出てきます。

一番奥の駐車スペースの脇に山越えの為の歩道と「歩道こっち。けどヒルに注意!」的な看板があったはずです。

2014年5月18日日曜日

MadStad adjustable windshield system その1

お届け物でーす

予定では伊勢に行く前に届くはず…だったモノの、USPSの遅さゆえ「出かけた当日の昼」、ちょうど実家について「さて寝よか」と思った頃に届いてお持ち帰りされていた荷物。

ほぼ想像通りの大きさ。
 中身はこれ。
ウインドシールド一式。
MADSTADのウインドシールド。
発注当時海外フォーラムで一番人気だったもの。

買ったのはHonda NC700x 16" Clear Sport SD
をメーカー直販。
まぁメーカーといってもまぁおそらく日本で言う企業とか言うんじゃなくて地方の小さな会社…程度の大きさでしょうけど。

NationalCycleとどっちにしようか迷ったモノの。遊び甲斐のありそうなこっち。

ご丁寧な事に日本語マニュアル付き。

しかし。
もうどこから突っ込めばいいのかわからない
日本語は翻訳ソフトに放り込んだまま、画像なし。しかも印刷切れてるw
せめて印刷切れてなければよかったのに。

ていうかこの程度の英語読めないと海外通販なんてできないよ…と思いつつシュレッダー行き。
せめて切れてなかったら見る気にもなるけどさすがにねぇ。

ノーマル、純正オプション、MADSTADの大きさ比較。
 ノーマル、純正オプションのロングシールド、Madstadをぞれぞれ下端あわせで見るとこうなる。
MadStadは基部の下端で。
MadStadを短くした状態で純正オプションとほぼ同等の長さ。

ドライブレコーダーをつけてる都合から写真のはすでにのぞき穴加工してますが。

すでに一度ツーリングに出かけて今現在は季節柄「短くした純正シールド」に入れ替えてますが。
所感などはまた次回。

欠点が見えたので現在ばらして工作中。

2014年5月11日日曜日

hyper-v上の仮想OSをmacアドレスフィルタありの無線LAN経由で接続する(覚え書き

Hyper-Vで無線回線を使用するための備忘録。
あれこれやりつつようやくつながったのでざっくり手順。


無線ルーター(ローカルルーター):バッファロー製。WPA2-PSK。macアドレスフィルタあり
PC:intel nuc。有線LANはホストOS専用。ゲストOS用に無線LANアダプタ(intel 7260)を用意。Hyper-V上で動作させる仮想OSが使用するのは無線回線。
ホストOS:Windows8.1
ゲストOS:Windows7

1.動作の確認
Hyper-Vの仮想スイッチに無線アダプタを紐付けない状態でホストOSに無線LANを設定。
macアドレスを無線ルーターに登録する。(ただしこのとき確認したmacアドレスがビンゴだったかどうかは未確認。後述。)
とにかく一度ホストOSから無線LANでルーターにつながるかどうかを確かめる。
確かめた後はいったん切断。


2.Hyper-Vの仮想スイッチを作成する
外部ネットワークでアダプタを無線アダプタにする。

3.ゲストOSが使用するmacアドレスを設定する
仮想スイッチマネージャ(↑)のグローバルネットワーク設定からゲストOSが使用するmacアドレスを設定する。同時に立ち上げるゲストの数だけあればよいかな?
とりあえず2つ設定。

4.ゲストOS使用分のmacアドレスを登録する
3.で設定したゲストOSが使用するmacアドレスを無線ルーターに設定する。

5.ホストOSから再度無線ルーターに接続する。
ここですんなり接続できればOK。接続できなかったらこの辺参照。最適化のおかげで複数のネットワークに同時接続できなくなってる可能性あり。グループポリシーエディタで同時に複数のネットワーク接続することを許可する。
ただ、理屈的に動作もしていないmacアドレスを登録する必要があるのか?という。

6.ゲストOSを起動。
ネットワークが有効な事を確認する。必要に応じてIPアドレスの設定をする。
ゲストOSからinternetにつながる事を確認する。(こういうときとりあえずアクセスしてみる先ってgoogle.co.jpだよね)


結果(ゲストOSがつながってる状況に置ける各機器の状況)
無線ルーター
無線アダプタが元来持つmacアドレスのみが接続されてる状態。(なぜゲストOSが使用するmacアドレスを登録しておかないとつながらないのかは不明。ルーター内部のフィルタにも影響してる可能性あり。事前に使用する機器のアドレス全部登録しておかないとそもそも無線でつながらないので理由はどうあれ登録する必要だけはある。

ホストOS
元来使用してる有線LAN、Hyper-Vのブリッジ関係は生きてるが、無線LANは未接続の状態。
無線LANが未接続扱い。
上記手順上、macアドレスの2Eと2F、この2つのアドレスをipconfigで調べたのか、hyper-vのバインドなしでguiから調べたのかが思い出せない。(たぶん適当にやれば両方わかる。けど理屈的に仮想スイッチ作った後にipconfigで調べたと思われる。)
下の○2つはipadとiphone。
ゲストOS
設定したmacアドレスでLANが有効になっている。IPアドレスなどは設定通り。



状況的に
  • 無線LANが通常通りつながり機器の動作確認が取れている事。
  • 作成した仮想スイッチが使用するmacアドレスがルーターのフィルタに登録されている事。

最低限この2つがあればつながる…はず。
少なくともルーターの接続状況からはそう読み取れる。
少なくとも登録が必要なmacアドレスは仮想スイッチのmacアドレスであることに注意。
環境的になぜかゲストOS使用分も登録しないといけなかったが、もしかしたら複数の操作を同時にあれこれやったせいで「ゲストOS使用分を登録しないといけない」と思い込んでるだけかもしれない。仕事でやってるんじゃないのでとりあえずよしとして検証はしない。
アダプタ本来のアドレスもしかり。

2014年5月10日土曜日

伊勢ツーリング(復路その2

フェリーの中で椅子に座ると同時に離岸を待たずに爆睡。
気がつく頃には対岸が見えていた…

正面に見えるのが伊良湖岬

16:30前
フェリーに揺られること約1時間。伊勢湾対岸の伊良湖旅客ターミナル着。


17:30前
道の駅田原めっくんはうす着。

いやー…影がながいわぁ…
 19:00前
静岡県突入。
途中帰宅渋滞につかまり、ナビに騙され…ようやく静岡。
長いよ…
あとすこしで下道終了

 19:00
ようやく三ヶ日IC着。

いやーながかったわぁ…
 「やっとついたー」
と叫ばずにはいられない…まさかフェリー降りてから3時間もかかるとは思わなかった。
場所が場所だけに2時間程度でつくかな?と思っていたんだけど。
まぁ豊橋市内に入って渋滞にはまったから…でしょうかね。
ネットを見る限り浜松まで海岸沿いを走るのがいいとか書いてるから次回があればそっちルートでしょうかね。

ただまぁ仮に四日市から三ヶ日までを考えると伊勢周りはざっくり5時間かかる計算になるので渋滞にはまるのが1時間程度なら高速の方が早いでしょうね。

最も、亀山~四日市、豊田~四日市あたりの大渋滞が1時間や2時間程度の渋滞で抜けられるとは思えませんが。延々とすり抜けするならともかく。短距離のすり抜けならともかくさすがにそんな長時間集中力持たん…

22:30頃
足柄SA着。
このあたりまで来るとみんな進むスピードがほぼ同じ。
みんなSA単位に休んでいるのか、SAにつくと前のSAでみた車両が止まってるか、SA着いて一段落したすると前のSAでみた車両が追いつく感じ。
皆日が回る頃を目安にしてる(でETC休日割引を効かせる)様子。

0:00前
足柄でまったりしすぎたため日が回る直前に海老名SAに到着。
ここまできたらざっくりあと1時間。
しかしもう足首へろへろ
 フェリーの中で爆睡したせいか眠たくないのがせめてもの救い。

1:30頃
海老名で一服しつつのんびり出発。
ようやく四ツ木IC到着。

長かった…主に伊勢湾~三ヶ日が。
 フェリーのるまではまだよかったんだけどねぇ…三ヶ日ICまでの下道が長すぎ。
やれやれだよ…

2014年5月5日月曜日

伊勢ツーリング(復路その1

二日間実家で寝て。
2日。朝5時。の予定が腹痛により…

朝6:00頃
出発。
ガスってる中を淡々と…
 7:00頃
道の駅ほんぐうで一服。
相変わらずキャンパーが建物脇でキャンプしてた
 一休みして出発…
地図上県道で太く描かれていたので県道311号を通ると…

思いっきり工事中w
 途中直売所などで一休みしつつ…


 8:30頃
熊野尾鷲道路入り口着。
…なんだけど…当事者としては
「なんでこんなところに高速道路?高速ってまだまだ先だよね?ナビにも高速なんてないし出てくる前に見た地図にもこんなところに高速なんてなかったよ?」
と激しく混乱。

なにこの高速道路標識
 よくわからんし標識見つけてから数十メーターでわかる物でもないので華麗にスルーして道の駅きのくに着。


一休みしてさっきの高速標識はなんだったんだと…国道42号の事だったのか…(走ってきたのも42号だけど)
戻るのもしゃくなのでそのまま直進。


9:30頃
今度は間違うまいと近くのホームセンターの駐車場で道を確認しつつ紀勢道その一へ。

さっきのもこういう書き方の標識にしてほしい
紀勢道に乗ったのはいいけど…地図になかった道を突き進んで…ナビのリルート案内が超うるさい。
かといって変なところで降りると余計悪化させるだけなのでナビを切って直進。


10:00頃
知らないうちに紀勢道その2へ。奥伊勢PAに到着。
奥伊勢PA
後になって見てみると通ってきた道はどうも新しく開通した区間の様子。
そんなん知ってるわけない…
GoogleMapにない道は知らなくて当たり前な道なんだよ!(違


10:30頃
多家PA着。
もしかしてかなり運がいい?3~5日は規制ありな様子。平日で正解?
この日は2日。規制対象外の様子。
11:00前
伊勢神宮到着。
車列に並んで駐車場を回されたあげくたどり着いたのは内宮そばの駐車場(土産物屋街の奥)。
右に見える鳥居が内宮入り口。駐車場は左奥
駐車場から20分30分ほど歩かされると脅されていただけにラッキーw

砂利道あるいて参拝した後は…
12:30頃
伊勢志摩スカイラインを通って…

13:00過ぎ
鳥羽水族館着。
10年以上前、POWERTODAYというページがあってだな…こいつを料理…
ニコニコ動画で有名な世界最大のダンゴムシ、ダイオウグソクムシ
もはや天使ではなくネタキャラ扱いにしかされないクリオネ
ネットで見るともっと巨大な印象があったんだけど…思ったよりは小さかった。

15:00前
鳥羽水族館隣の伊勢湾フェリー乗り場着。
着って言うか便宜上区切られてる道路をぐるっと回っただけ。
フェリー乗船

固定してもらってジャケットと飲み物だけもって客室へ。
うちの後ろに止めた人、メットをミラーに引っかけて客室へ移動してたけど…いくらあれてないからって大丈夫なんかいな?
うちはメットをミラーに引っかけるの苦手なのでシート上で荷物のベルトに固定したけど…

2014年5月3日土曜日

伊勢ツーリング(往路

このまま後少したつと制限に引っかかって有給一月分ふっとぶ!

せめてもの抵抗としてGW全部休みにしてみた。10連休。

とは言ってもうちは渋滞が大嫌い。どっかいくなら昨年と同様休みをかすめるようにしてETCの割引を効かせつつ平日にいくか。
というわけで29日(火)の深夜から3日(土)の深夜にかけて伊勢に行ってきました。
宿代を浮かせるために実家経由して復路に伊勢に行く感じで。


29日。
1:45頃
重い腰あげて出発。

というのも思いっきり雨を突っ切って行く必要があるから。
少なくとも愛知から先はずっと雨。まぁいいんですけどね。雨ぐらい。
だって前回(GSA)もひどい雨だったし。
しかも前々回(FZS)は年末だったけど天理超えたあたりでやっぱり雨だった。(しかもその手前、名阪で雪踏んづけてこけた)

もうここまで毎回毎回雨降るとか立派なイヤガラセですよね。
かといって雨がやむまで待つとETC割引が半額(休日割引)から3割引(平日深夜割引)でトータル5k円ほど違ってくるし。
割引が気にくわないから金曜日に出るとかすると今度は行きも帰りも大渋滞。

開き直って行かない…のはせっかくの休みがもったいないのでなし。

ぐだぐだしてるうちに二度寝(夕方)して起きてから出発。
出発。首都高四ツ木IC
2:30頃。
海老名SA着。
普段だと空いてて1時間ほどだけどいい感じに首都高も東名もすいてたのでここまではスムーズ。
ていうか後ろから横からタクシーの煽りがひどいのでいやでも速度上がるんですよね。
東名海老名SA。早い人はここですでにカッパ用意してた
5時頃。
ついに雨。SA単位で一服しつつ来たけど、浜松・・・までは持つはずだったのに新東名静岡SA手前でぱらぱらと。
仕方ないので飛ばす予定だった静岡SAでカッパ装着。

残りざっくり450km、ずっと雨か…orz
スクリーンにも所々水滴が…
6時頃。
案内に従うとこの辺で雨なんだよなぁって位置の浜松SA手前ではすでに立派な雨模様w
新東名、浜松SA手前
まだこのくらいの雨だったらよかったんだけど。
ついにカメラ本体に水がw
あまりにも長くひどく振るのでついにカメラ本体に水が付着。
車両の揺れに合わせて水がゆらゆらするのでもう映像見ても何が何やらw

なんていうか…さすがにいやになりますよね…



10時前。
道の駅針テラス着。
…キャンプ装備の人ばかり。
なんでみんなそんなに元気なんや…
いい加減疲れてきたのでしばらく休憩。
もうみるだけでげんなり…絵だけ見ると
「お?阪和道に出る頃にはもしかして雨あがってるかも!」

なーんてこともなく。

余計きつくなる雨に屈して端子に水が浸入したらしいw
もはや世紀末w
世界が…
まぁ露出してるのはカメラだけでUSB経由で転送された信号を保存してる本体はトランクの中なので画像がどうなろうと信号が届く限りは録画されるのでこんな事になってるわけだけど…

13:45頃
紀伊田辺IC着。
雨が飛んだか乾いたか?雨はひどくなる一方な物の、映像復活w
といっても雨粒ゆらゆらするので速度落ちたときしかまともに見れないけど。
ようやく。
前回前々回と比べて早く着いた…(ような気がする)けどたぶんそれは「カッパを脱ぐのがめんどくさい」ので「淡々と走り続けた」からだろうな。