投稿

4月, 2022の投稿を表示しています

自作RCを作ろう その30 シール貼ってみた

イメージ
 暖かくなったり寒くなったりするせいで未だに冬物が片付けられない… 円安にげんなりしつつ3号車のカーボン部品を発注したので手透きの状態。 いい加減安定化電源作れよって話だが寒いので暖かい所から動きたくない… 3号車のモデルを見ながら。 これな いい加減アレを直すかと。 矢印は関係ない。ずっと放置してきたアンプのターミナル ヒートシンクを適当に作ったせいでアンプのターミナルが掛けていた問題。 細かい所は気分の問題で、サイズがわかれば良いのでずっと放置してきたんですよね。こういう細かい所は。 ちょうど時間もあることだしちょっと修正してみようかなと。

自作RCを作ろう その29 3号車のカーボン部品発注

イメージ
事故った箇所を元に日曜一日かけてモデル修正。 ぱっと見はあんまり変わらないけど細部がかなり違うモデルに変化。 ぱっと見はあまり差違が無いので一日掛けた達成感がない… それにしても。 昨年夏に発注した2号車のモデル 約一年前に作った2号車のモデルと3号車のモデルを比べるとだいぶCADも使い慣れてきた気がする。 主にFusionの不都合を回避して作るという意味で。

自作RCを作ろう その28 (ぱっと見は)大事故

イメージ
先週は車に荷物を載せるまでやったものの、体調が崩れたので結局休み。 気を取り直して土曜の今日屋上に出勤。 もうね。今週は他人のヤラカシのおかげでなんど頭を下げさせられたか…俺のせいじゃねぇと声を大にして言いたいが言うわけにはいかない社会人。 ぐぬぅorz ついに待ちに待った大クラッシュ。 2台前の車がスピンしてアウト側で停止。前走していたツーリングカーが目の前で急ブレーキ! そのうしろから自作2号車がブレーキ掛けながら右にひねって急制動! 結果、車両後部を前走者のお尻にぶつける形にHIT! 結果… 知らない人が見るともはや廃車状態 あーあー… 事故現場はココ。 コーナー飛び込み直前 場所が悪いというかなんというか…フルスロットルからの飛び込み直前。 車(後輪駆動)は急には止まれない

ツーリングを辞めた訳

まぁアレだ。 一言で言うと イマイチ面白くない 。 ルマンカー含む2シータ-のボディ使用禁止 ショートリポはズルい だのなんだの 言われてやる気なくした っていうのも、当然有るけど。 TC01で改めて確認したけど、 後輪駆動車にくらべて4WDは安定しすぎる んですよね…まぁ走りやすい。けど 後輪駆動車の方が運転していて楽しい 。コレが全て。 4WDは後輪駆動車と比べると 作業感がある んだよね… それに加えて、ボディの趣味が違う。 典型的な人は箱車ボディはレース用の異形ボディ、F1のボディは実車依り。 うちは正反対で箱車ボディは実車依り、F1は余り気にしてない。 他人が運転する分には正直どうでもいいけど、町中走ってる車が異形に弄られたボディなんか使いたくない。 逆に普段見ないようなF1なんかは異形だろうとどーでもいい。てかF1は年によっては実車が異形だからとりあえずかっこよければそれでいいんじゃない?レベルでしかない。 それに加えて、初めて見たレースがルマン24時間、国内レースはスカイラインやNSX等。。ツーリングカーってDTMなんかの4ドアじゃなくて2ドアなんですよね。私の中では。 そんなんで4シータ-に加えてあんなレース用の異形ボディなんか使えるか!って話。 実車そのままなボディのラリーならまだわかるけど。 遅いツーリングクラスはボディ自由? ずっと握りっぱなしで運転してて イマイチ楽しくない ってのはこの際横に避けて置くとして。 …FFの混走がなくなれば考えるよ。 コーナーでラインをブロック? じゃぁストレートでブロックしていい? コーナー早い4WDをコーナー遅いFFが 邪魔してきて当たろうもんなら接触しただのなんだの と、あげくの果てに上手くインを押さえてブロック出来ただのなんだのと クソ 邪魔な運転をドヤ顔で自慢 してくるなら、ストレートが遅い4WDがレギュレーションでストレートが早いFFをブロックしてはいけない道理はないよね?? あぶないからやらんし、認識的に他者とずれてるのを自覚してるし、それ以前にツーリングカー自体やらんけど。 てかそういう意味ではレースの時に周回遅れが結託してあおって邪魔してくるのはやめて欲しい…昔から競い合ってやり合ってきた某Nさんがやる分にはいつものことだしそうやって二人であーでもないこーでもないと上手くなってきたから気にならな

fusion360の穴コマンドにバグ

イメージ
ドはまり。 3DCADつついてると由来がどこから来たのかさっぱりわからない小数点の数値とかがよく発生する。最小単位が0.5単位で作ってるはずなのにどこからやってきたのか0.0?mm単位でずれる。 やべぇ……やばくは無いか。 誤差の範囲だが、FUSION360でバグ?を見つけた。 現実的には誤差とは言え、図面上は線分が閉じないとか妙なことになるので勘弁してほしい系のバグであることには違いない。 図面のバグとりしてて、穴までの距離が8mmのはずなのにどーしても0.027mmずれるのでなんじゃこりゃ?と思って追っかけていったら… 原因。 ここだった。 なんかどっかでみたTAな部品やな?とか言うツッコミはナシだ。 モデル化しないと部品の流用出来ないので。

自作RCを作ろう その27 3号車のモデルがほぼ完成

イメージ
 パナのエアコンが最近チリチリチリチリ音を鳴らしてくれてうるさいのでエアコン買い換えました。 先週末工事の予定だったのが雨で流れたんですが、下見と称して○マダ電気のまわし者がやってきて 「はしご掛けるのにお隣さんの許可とっといてください」 っておまえ雨で流れなかったらどうする気やったんや?そういうことは店頭で言えよ! ってことで急遽菓子折用意して平日の夕方に押しかけて許可もそこそこに世間話して。 ようやく工事完了。 土曜は仕事だったし日曜はエアコン。せわしないな… 3号車、だいたい設計完了。 3号車 2号車に仕込んでた要素のうち、いらないだろう物は全部そぎおとし。 2号車のバグが再発しないようにした上で新しい要素として大きく2つを仕込み。 リアウイングを本体支持が出来る様に リアロールダンパーの方式変更 2号車もそうだけど、アッパーデッキレスなのにどうして重いんだろう… カーボンなんて多少面積あったって焼け石に水な重量だし、3Dプリント部品なんてカーボンより軽いのに… なんて時は大体忘れ去られた辺りの部品が「鋼」になってたりするのが原因なんだけど、ここまで部品だらけになってると探すの大変なのでこのまま。 采ブランドのFS104wwは750gを切る …らしいが… 運転スタイルからか、サーボのトルクがないと全くダメな都合、どうしても重さがね。無理なんだよね。ターゲットとしている路面の都合もあるし前のダブルウィッシュボーンは外したくないし。 だから多少重くてもしようがない。 あとは細かいバグをちまちま直してGW前にはカーボン部品を発注したいところ。 今回アルミ部品は発注する予定がないし、3Dプリントの部品でつじつま合わせ出来るので気が楽。

Google Apps/workspace無償版から有償版への切り替え時に日本の住所が入力できない罠

イメージ
 これな。検索してもなかなか解決方法がない。 のでメモ。 問題点はコレ。 アメリカの州しか選択出来ない住所入力画面 なんだこれ? GoogleAppsの時代から使い続けてる人への嫌がらせか! ってくらい、ヘルプが役に立たない。 一度しか選択できない? そんなの選択した覚えねぇよ!どーせAppsからworkspaceに変更する時に勝手にアメリカ在住にしたとか言うオチやろ!? って。 答えはこちら。 せめてハイライトして欲しい 一個前の画面、しかもハイライト無し。 どう考えても色が変更されている「お支払いプランの選択」に目がいくよね!? さてしようがないから月額課金しましょうかねぇ…

3Dプリント部品のテスト その2

イメージ
ワーワー騒ぐ事しか出来ない奴に イラッ💢 ときてる仕事のストレス解消がてら ドライブ 屋上へ。 着いて早々。 私は運がいい・・・ ちょうど一つずつ残っているという、いわゆる遠慮の塊状態&ガンプラ野郎同士で牽制しあってる所をセットで確保。 うん。まぁ仕事のことはこのくらいで許しといたる。 前回クラッシュでずれたモーターマウントを再印刷。 前回ネジの回りを厚く作った都合、サポート面が出来てモーター接触面がアレな感じだったのを今回はネジの補強無し、5mmのまま印刷。 ←ネジ補強無し5mm幅 ネジ補強あり旧型→ モーターが接触する裏面はプリンタのベッドにベッタリなのでツルツル。 接触面が増えたらモーターのズレは発生するかどうか。