2011年11月5日土曜日

さらばFGX

3日にシェイクダウンに行ってきました。

…朝…
起きてからというものFGXに使える特殊サイズのスプリングを引越し荷物をひっくり返すこと約1時間。
見つけたスプリングとGenerationX10に使っていたスプリングをもって準備完了。

…万が一。万が一の時のために?と自作車もナップサックに詰め込んでタム大宮へ。

ついてからというもの。
タイヤが無いのでソレっぽいツーリング用26mm・24mmタイヤを購入。
ボディ塗ってないのでスプレー缶購入。

スプレー吹いてタイヤ組み立てて。

タイヤをはこうとしたときに問題発生。
後ろはいいとして前。通常のツーリング用六角ハブが入らない。
通常のハブは締め込み過ぎを防ぐために段がついてるんですが、FGXはピンがより奥についてるようでピンとかみ合わない。
ハブもって店舗へ。わからんからアクスル抜いて店舗へ。
結局田宮ミニシャシー用のアクスルとヨコモの5mmワッシャーを購入。
無理矢理前にタイヤをはかせることに。

スプレー吹いたのを回収して…
ボディ乗せてシェイクダウン開始。

この時点で午後1時。ついてからすでに3時間。

まぁ時間がたつ程度なら別にいいんだけど…その後がいけなかった。
とにかくタイヤが食わない。
通常のツーリングだと全く問題のないタイヤをはいてるにも関わらず食わない。
タイヤ幅を無視してサーキットでもっとも食うという手持ちのタイヤをはかせても食わない。

…まぁ食わない程度なら暴れるのを無理矢理押さえればいいだけの話なんだけど…
グリップ失ってから操縦不可までの時間が早すぎて追いつかないw

ついでに。
いつの間にか右アッパーがぽっきり。
左が自車。右がNさんの。
…まぁ多少縁石乗り上げたりぶつけたりはした。
けどそれも低速での話。(この日13.5T+ローギアードだった)

二人して全く同じ箇所をやって…
写真の通り無理矢理なおしたものの。
しばらくして万が一の自作車を引っ張り出して鞍替え。
いやー半年ほどいじってなかったけど笑っちゃうほどよく走るw
セッター借りてタイヤの表面薄皮一枚分程度削っただけ。

さすがに無セットでフルスピードは無理があるもののそれでもFGXと比べれば雲泥の差。
結局その後はずーっと自作車で走ってました。


FGXですが…
ぶっちゃけ設計の段階なら十分「ポジに変化する変態サス」を簡単に直せるはずなんですよね。
単純に考えるとロア・アッパーアームの軸の位置が狂ってなければアッパーの形なんてどうでもいいんですよ。アッパーの断面図が"L"をひっくり返した様な形状でも支点が変わらなければそれでいいんですよ。(この位置関係の都合、自作車の前サスはやたら柔らかい)

…まぁ…いいけどね。カッコイイから…

0 件のコメント:

コメントを投稿