2011年7月3日日曜日

TA06+TS020:シェイクダウン

朝から久しぶりにタム大宮へ。
今日はTA06のシェイクダウン。

とりあえず何かあったときのために自作カーもサブで用意してGO。

現地工作も手伝って形にはなった。

前はちょうどいい具合に収まった物の…
(透明なシール上の物は透明ビニールテープ。痛み防止の為)
後ろはいまいち。この状態で車高が4.5mmだからこれ以上はもうちょっとやそっとじゃこの空洞は収まらない感じ…どうしたものか…


走りの方は
まぁびっくりするくらい動きが鋭い。2WDというのも手伝ってるのか速度域にあった操作をしないと一発でスピン。まぁ車って本来こうだよねという動き。
ステアリングがシャープなのはまぁ車両のクセだろうけど…
加速が鈍い。

  • 車重
  • リアタイヤが細い

のどっちかが原因だと思うんだけど…
車軸にかかる力的には必要十分あるんだけどどうも加速しない。
というのもフロント引っかけた後握るとウィリーしたまま走ろうとするくらいに力は有り余ってるから。

…リアがギアデフに詰めるオイルが話によると粘度1000番という話なので…
車重のかかってない方にすっぽ抜けてる可能性大。
自らフロントをあげることが出来ないとはいえ、何らかのきっかけがあればウイリー出来る様な車両(LRP X12 6.5T)がコーナーからの立ち上がりが自作マシン(LRP X11 8.5T)より露骨に遅いってどうなのよと。

まぁ感覚的な問題かもしれないけど…タイヤが馬鹿みたいに食ってるおかげで相対的に遅い感があるだけかもしれないけど。
デフォの粘度が1000番ぐらいということなので次回は30000~60000番を入れてみるところからかなと。
これが駄目ならあきらめてボールデフ…なんだけど密閉式でばらすの超面倒なのにボールデフなんか入れたくないなぁ…

0 件のコメント:

コメントを投稿