2011年11月27日日曜日

R12シェイクダウン

水曜日(文化の日)にも行ってたんですが。
土曜日改めてシェイクダウン。

水曜日。
とりあえず走れるようにして持ち込んで、現地でタイヤ作成。
M300GTの事もあるしまずはそろ~りと走りだしたものの…強めのアンダー。
まぁこれは前タイヤにポジキャンがついてただけで直すと弱オーバー程度。

ちょっと後ろを引きずり気味だけど…まぁサイズの割には暴れてからすっぽ抜けまでがゆっくりなのでどうにかなる程度のアバウトさ。

とりあえず水曜は何もせずにタイヤだけをすり減らしてみた。


土曜日。
しばらくはドノーマルのまま…と思いつつそれはそれで退屈なのでロールダンパーの堅さだけ調節してみる。
GenX10的にはロールダンパーが”堅いとリアがついてこなくなるけど落ち着いて、柔らかいとついてくるけどすっぽ抜ける”傾向があった。
て、まぁグリップが落ち着くというのもうち的にはちょっと違って言ってみれば加速で握っちゃう=雑なアクセル操作を適当にいなしてくれるという方がしっくり来る。
で。引きずり気味…なんだけどX10のロールダンパーは堅め堅めに合わせて行っていたのでとりあえず100番堅くして700番(600番で組んでた)。

なんか違うというか…ぎこちない。平たく言うと"さらに曲がるのを待つ必要がある"
ので600番に戻して一本走った後今度は500番。

少し柔らかくすると後ろが素直についてくるようになった。
多少滑り初めてからが短いモノのまぁどうにかなるレベル。
700番はとりあえず堅すぎな様子なので論外として500番を基本にしていくことに。

とりあえずタイヤが駄目になるまでは…と思った矢先。

リアバルクのネジがゆるんでデフハウジングをえぐってタイヤロック。
バラして締め直し。

バッテリーのつけ外しをしてると…
滑ってコードをえぐる。(場所的に指じゃ届かない場所にコネクターを押し込んでたのでレンチのさきっちょでコネクタを圧入してた)
コードを保護して配線の位置変更。


さてこの1本で終りにするかーと思って走ってると…
ダンパーが抜けたw
そんな腹を強くぶつけた覚えなんか全く無いんだけど…まぁ軽いおかげでちょくちょく飛んでたからダメージが蓄積した??
シャフトに圧入(?)されているピストンがすっぽ抜け。

とりあえず現時点では…
前後ダンパー:600番
ロールダンパー:500番。
車高 前:後=3.5mm:4.5mm(だった気がする)
リバウンド 前:後=心持ち・気のせいレベル:車軸位置で1mmぐらい(目測)
あとは全部ノーマル。

手がまだ大きさと動きに慣れて無くて操作が早すぎたり遅すぎたりしてセットがどうこういう前段階なのでまずはそこから。
今回はおむかいの人が同車種をマッハでいじり倒すのを気にする必要がないのでマイペースでゆっくりと。

0 件のコメント:

コメントを投稿