2012年9月17日月曜日

駆け引き

つってもRC。

まぁ駆け引き…といえばそうな気もするけど違うといわれれば違う様な気も…

抜き方・防ぎ方のお話。
先日RCにいったとき話題に出たので。

つってもうちがレースしてたのは2000年以前の話なので今のレースがどうかは知らん。と注意。
…まぁ混じって走ってる限り今も昔もそうたいした違いはないだろね。

俗に言う「ラインをクロスさせる」
場所はタム大宮の某所を想定。
前提として相手もこちらもほどほどに運転が出来る事。
周回遅れがより早い連中ブロックしたところでどうするというのもあるし。

まぁ場所はタム大宮だけどぶっちゃけRのきついS字でのクロスはほぼ↑が成り立つんじゃないかと。

この手のは似たり寄ったりの腕の人が10人位よってたかってレースしないとうまくならないよ…たぶん。
1ヒート中に何度も同じシチュエーションを繰り返すくらいしないとおぼえられないもん。
こんなの。練習で同じコースぐるぐる回るだけじゃ絶対できない。他の車両見る必要あんまりないもん。

上のケースの要に赤が青をクロスさせて抜くにはで青がひぃひぃいいながら曲がろうとしてる中、テールトゥノーズと言えるくらい突っ込まないとクロスさせられないってとこ。
…ぶっちゃけ青はブレーキかけて赤におかま掘らせてノーマナー行為的に見せるのも最終手段としてはありかも。
まぁ複数台走ってれば共倒れなんて後続に機会を与えるだけでメリットないけど…むかつく奴をたたき落とすにはちょうどいいかもネ!(マテヤ

3 件のコメント:

  1. 最終手段だなw。
    クロスさせてというのは見ていても面白いから4で抜かれても構わないんだけどね。

    返信削除
  2. これらのセオリーを通用しなくする、
    コーナー奥でクルリと超コンパクトに旋回する
    原田哲也(250ccの世界チャンピオン)のワープ走法。
    気持ちだけは目指したい・・・・・・と思ってます。

    返信削除
  3. …多くの場合うちは外側からクロスさせずにチキンレースのごとく内側をフルブレーキターンかましてますけどね…前走者が遅い上に譲る気配がなさそうな場合は特に…

    返信削除