2014年11月4日火曜日

シルバーウイング用ナックルバイザーをNC700Xに無理矢理つける

・・・なんかこう無理矢理つけるだとかそういう変な事してるのが異様に多いような気がしてきた・・・


ついこないだまではシックデザインのガイラガントレットをつけていたのですが、以前三浦半島の某所あたりでUターンごけしたときに大きくひん曲がってしまっていたので付け替えることにしました。


NC700Xにはナックルガードのオプション設定がありません。
さてどうするか。
そうそう都合良くガイラガントレットの中古なんかオークションに流れるモノでも無いし…

ネットをさらっとあさったところ、
・PCX用ナックルガードを流用する
・シルバーウイング用ナックルガードを流用する

HONDA物でいえば大きくこの2つの手段があるようです。
PCX用はちょこちょこ流用してる人が居るのでまぁつくんでしょうけど…

中古が出てなかったのでシルバーウイング用を流用することにしました(爆

中古ナックルバイザー



中古大好きw
というか新品である必要が全くない…

結論から言うと、
少なくともDCT仕様にはポン付けできません。右はまぁつくにはつくけど左が駄目。
じゃぁどういう加工が必要か。

「ぶった切るだけ」
加工前と後
右はそのままでもつきますが、回転留めの爪が中途半端な引っかかりかたでこけたりするとたぶん表面えぐるのでばっさりとカット。
左はもう爪そのものが邪魔&形状的に穴が合わないので切らざるを得ません。

で、つけたらこうなる。

右。DCT仕様はスロットルケーブル下出しなのであまり考えなくていい
左。パーキングブレーキの分、少し余裕を見る必要あり
 まぁホームセンターで売ってる金工鋸で落とすだけなので中学技術レベルかと。


 どうでもいいけど右と左、ミラーが1cm~2cmぐらい高さが違うのが超気になる。。。
マウントの形状的に左の方が低い位置にミラーがついちゃうんですよね…

0 件のコメント:

コメントを投稿