2015年1月24日土曜日

エアコンクリーニングを自分でやってみた

ここ最近どういうわけかエアコンからの空気が濁ってる気がしたのでクリーニングしてみました。

自分で。
通常賃貸における固定設置物なんかは契約書に書かれてたりする物なんですが。
賃貸とは言えエアコン無しだったので自分で設置した物なんですよね。

結構長いことエアコン使ってきたけど、エアコンが臭うのは初めて。
フィルタ外した外見からすると…たぶんファン。
熱交換器自体はまぁ少々ほこりっぽいけど特に見た目どうだと言う事は無い。
よってファン…と思われるんだけどこちらもライト片手に覗く限りまぁ汚れてはいるけど問題なさげ。


まぁ実際問題臭いの原因は現状エアコンぐらいしか考えられない為やるかと重いl腰を上げました。

とりあえずここまでバラした。
結論から言うと、業者に任せた方が圧倒的に楽だし失敗ないですね。こりゃw

用意した道具はこちら。
  • 市販のクリーナー(とセットでついてきた排水受け
  • ドライバー
  • 作業用紙タオル
  • 割り箸
  • 養生テープ
  • 高圧洗浄機(もどき
作業終わった後から言うと…選択ミスです。はい。


とりあえず手順を並べると
  1. エアコンのコンセントを抜く
  2. エアコンをばらす
  3. 排水受けをエアコンにひっつける
  4. おもむろにフォームクリーナーをファンに吹き付けてもこもこにする
  5. (30分ほどminecraftで遊ぶ)
  6. クリーナーとセットになってた洗浄スプレーでもこもこを流す
まぁ書いてしまえばこれだけなんだけど。
とにかくエアコン分解しにくい。
見た目はネジが少なくて簡単なんだけどガワがツメだらけ。まぁ壁にずっとへばりついてる物だから簡単にツメ抜けちゃ困るんだけどそれにしても…と言う堅さ。
ドライバー隙間に突っ込んで割る覚悟でえいやっと外さないと駄目なくらい。
もちろんサービスマンじゃないのでぶっつけ本番。
脚立の上でカンを頼りにばらす。

バラした部品。左のガワがとにかく難関だった
まぁバラしてしまえばモコモコにした待つだけなんですが…

モコモコを落とすための洗浄スプレーは全く足りませんでした。
そこで急遽高圧洗浄機(もどき)を使ったわけですが。
使った水、ざっくり2L。

砂糖まみれのファンタの空きペットボトルなんか使うな!って感じもしないでもないですが。
台所に転がってたのがこれしか無かったので。

この高圧洗浄機、もどきの割には意外と使えます。
手動だけど4mぐらいは水を飛ばせる。
電動の高圧洗浄機なんか高枝切りバサミ並みになんとなーくほしくなるアイテムのたぐいだけど使い所が滅多にないので流石に持ってません。
ポータブルで使えるなら洗車とかに良さそうですけどねぇ。


まぁそれはともかく。

スプレー付属の排水受けつかうじゃないですか。
足らないので2L、洗浄機もどきで水吹き付けるじゃないですか。
当然スプレーのオマケについてきたビニールの排水受けなので…

当然予想出来る未来として。

えぇ。底抜けて排水ぶちまけました(爆


いや。最初から怪しいこと気がついてて。
途中で一度交換したんですよ?ゴミ袋に。一応ね。

けど…orz

ぶちまけたのは最初の、よりヒドイ排水1L分。
交換前に使った付属ビニール排水受けの方。
交換後のゴミ袋は無事。
流石安物…おまけなだけはある…

幸いにも底抜けたのが捨てようとしていたトイレ。
近くに洗濯機があって洗い終わったタオルが大量に合ったんですね。


バスタオル、通常サイズのタオルそれぞれ一枚と靴下一足(毛糸のもこもこ)がお釈迦。

流石に真っ茶色…と言うかゴミ混じった茶褐色?グレー?な溶液を吸い取ったバスタオルなんて使う気にならない…
(4年程度しか使ってないエアコンとは言え流石に排水はグロイ


げんなりしながら作業終了。
逆手順でエアコン組み立てて終わり。
かかった時間、約2時間。

とりあえず言えることはちゃんとバケツに受けろ。付属品のオマケなんか使うな。

うちにあるバケツは一個、実質洗濯用(ゴア生地を手洗いしたり防水系生地を洗濯後ベランダまで持って行く用)しかありませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿