2017年6月4日日曜日

microsoft money

ふと思った。
今使ってるmoneyっていつのだっけ?
と思って調べてみたらMoney2006(2005年発売) だったw

後継…money自体は既に発売停止されているので
経緯は詳しく知らないけど無償公開されてるバージョンにアップグレード
…アップグレード?
まぁ元々オンライン機能なんてUCカードがオンラインサービスやめて以来CSV取り込みぐらいしかやってないのでどうでもいいと言えばどうでもいいんだけど。




なにが違うんかな?
と思って見てみると予算機能が少し違うらしい。

以前は費目単位に予算を決めてたけど費目全体に対して予算を設定出来るようになった?らしい。
…Money2000の頃から出来ていた気がしないでもないが…見やすくはなったかな?

とりあえず使ってみるかと思って何も考えずウィザードの言うとおりOKOKしていった画面が↑。

期間の変更で選んだ月の出費が予算に収まってるかどうかが簡単に検証できるっぽい
へぇ~~??
ってつついてみること数秒。
収支がマイナスな事に気がついたw
実際はプラス、
転職してマイナスに落ちてるならもっと問題視してるってw

さらによくよく考えたら2月って教育娯楽は出費あるよ?
きちんと入力もしてる(ヤフオクだとRC扱いにならない(そこまで入力してない))
3月はヘリのテールローターの部品で千円ほど出費した分はなぜかきちんと載ってきて、PSVR分は載ってこない。
…「実際の金額」はどこから持ってきたんだ?

とりあえずプラスがマイナスに転落してる原因はクレジットカードを使った費目が2重で減算されている点にあるっぽい。

microsoft moneyの場合、カードは口座扱いで、開始0円の口座からカードを使うとマイナスに伸びていって、翌月返済時に資産間移動でまた0に戻る(実際は利用が継続してるので0にはならない)。

で。
うちの運用上で言えば、カードは支払額が確定したらカード会社から明細のCSVダウンロードしてきてFelica2MoneyでMoneyに取り込んだあと、費目を割り当てている。(毎月は面倒くさいので数ヶ月分一気に取り込むことがほとんどだけど)
…ので当然いつ作業するかにかかわらず実際に買った日付でmoney上に出費の記録があるわけだけど…
なぜか翌月の返済(=資産間移動)が出費扱いでリストアップされてるw
ので前月のカード使用分としての返済額が当月出費として減算されてる分狂ってるという構図。

…資産間移動って字面だけ見ると出費じゃないような…振込手数料や時間外手数料は出費だけど…
で手動で予算から消す
資産間移動が出費扱いされる方が正確性が失われる気がするけど…
カード購入分の明細が未入力なら話はわかるが。

あれ?
っていうか無償版の元になったバージョンって2年単位に課金する必要が有って明細とかってオンラインダウンロードする前提なんじゃなかったっけ???
なぜデフォルトで減算されるんだ??

まぁこれらのレポート(ただし実際に見るのはこのうち数個)がきちんと出るなら文句はないんだが
まぁ…レポート機能さえちゃんと動くなら普段使いには影響ないから別にいいんだけど…

予算がまともに動いてくれない(≒使い方がわからない)と見通しが立たないじゃないかw

0 件のコメント:

コメントを投稿