2018年7月22日日曜日

滑り出し窓に面格子をつける

今回のDIYはコレ。

問題の縦滑り出し窓
構造的には十分新しい部類に入るので当然のごとく?滑り出し窓が何カ所か使われてるんだけど。
防犯的にはアレなんですよね…
引き違い窓にはちゃんと面格子ついてるのに滑り出し窓はそのまま。

というわけで。
今回はこの滑り出し窓に面格子をつける。

とは言え。
引き違い窓とは違ってその構造上、外側には面格子はつけられない。
そりゃぁ外側に開く以上つけられないわな…

ネットをあさると滑り出し窓には内側につけるとのこと。
純正品があったのでぽちっと購入。

つーわけで。
網戸を外す
 さくっと網戸を外す。

網戸を外したの図

仮組みにちょうどいい高さのバッテリーw
仮組みしたらちょうど近くにあったバッテリーがいい具合の治具になりそう。
まぁ流石にバッテリーを治具扱いするのはアレなのでよく似た高さの何かを探す…

ほぼ同じ高さだったウレタンバンパーw
 バンパーを治具扱いしてさくっと取り付け。
インパクト大活躍。
ていうかこんなのインパクトがないと不可能だよ!状態。

さくっと。
特に何のひねりもなく。構成自体が単純なのでさくっと完成。
完成したのはいいけど網戸がないのはそれなりに困る。
蚊とか蚊とか蚊とか。

なので
超後付け
…まぁ…網戸としての役割さえ果たせばいいんですよ。

本来論で言えばカムラッチ(ハンドル押し出すタイプ)じゃなくてオペレーター(くるくる回すと開くタイプ)で網戸は固定なのが理想なんだろうけど。虫を考えると。

カムラッチハンドルをオペレーターハンドルに入れ替えとかやろうと思うとサッシ自体の入れ替えになっちゃうので流石にそこまでは出せない。
カムラッチの時点で開け閉めする時に網戸を開けないといけないのは確定なのでその辺はもう諦めるしかない。
ていうかそこまで気にし始めるとキリが無いw

とりあえず一箇所考えたとおりの構成でいけたので残りも同じように加工。

つぎは…日中あほみたいに温度が上がるリビングの対策かな…
とはいっても夏のはじめだからその手の製品は軒並み品切れで対策しようがないんだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿