2020年3月8日日曜日

R390 GT1 ’98 ひとまず完成

土曜出勤で日曜雨だったので今日はお休み。
どうでもいいけど。
厚労省の出してるこのパンフに書かれてる、

  • 換気が悪く
  • 人が蜜に集まって
  • 不特定多数の人が接触する恐れが高い

どう考えてもコレ会社の事だよね??

それはさておき。
年明けからずっとちまちまやってたルマンボディの塗装をば。
2月のレースも終わったのでようやく時間を取って一気に。

だれがどう見てもアレ。
 このボディ、年始からずっとちまちま「とれるやん」&「タミヤペイントリムーバー」で前の塗料を剥がしていたのでここまで来るのにすげぇ時間かかってたんですよ…
事前に塗料はどれがいいのか、剥がれに対するテストなんかも合わせてやってたので。



一通り塗り終わったらペリペリと表面のカバーを剥がして…
今回面倒くさいので窓枠の黒縁などはマッキー
 中古テプラ(+12mm透明/青+36mm透明/白+36mm透明/黒)でロゴをちまちま作成して貼り付け。
ちょっとくらい違っても気にしない
 どーしてもネット上でちょうどいいのが見当たらなかったスポンサーデカール2つを無かったことにして完成。

左は塗り分けの手本にした京商1/48 R390GT1
 ちょっと色濃すぎた。
…まぁ最初の青の時点で気がついてはいたけど。


Project4Xのショートリポずるい&2ドアボディ禁止事件以降ボディの重量が~とよく聞くので測ったところ、

  • 昨年一年使ったロイス:127g
  • 前回2月に使ったAUDI R18:130g
  • 今回のNISSAN R390GT1'98:116g

…ツーリングの軽いボディが70gとかやってるなか、かなり低次元な争いですが一応最軽量。
まぁ重量のほとんどはシューグーなんですが。
安定の補強。今回は非常に楽な形。
この前側の補強でフロントグリップを稼いでる気もしないでも無い…
まぁそれでも大学の時に作ったR390のカーボン裏打ちよりはマシか。

今後のTRGクラスは4月以降ボディが駄目になるまでこのR390を使用する予定。


今回の塗装、ポリカボディとしては2度目?のタミヤ缶スプレー以外での塗装。
アクリル塗料でワンポイントを裏側から書いてスプレーというのは過去に数度合ったけど、ほぼほぼ全面的にスプレー以外で色ぬったのはサンダーショット以来じゃないのかな??

基本的な内容としては

  • タミヤアクリル塗料(白・スカイブルー・ブルー・ライトブルーと他余ってた赤・黒・イエロー・アルミシルバー)
  • タミヤ缶スプレーホワイトパール・スモーク・ブライトレッド・黒
  • その他マッキー黒
という感じ。
プライマー代わりのホワイトパールの上にアクリル塗料を0.3mmハンドピースでグラデーション。
備忘録ついでに配合は…
重量比。3色最初に作ってあとはボディ真ん中当たりで適当にグラデーション。
次回があれば前の青をもっと明るく、前を中心に思いっきり彩度を落とす。あとグラデーションの位置をもう少し後方に。
とは言っても流石にコレを何度も塗るのは手間すぎるか…ボディもメーカー自体がもう廃業して無いのでかなり希少だし。

どっか出さないかな?90年台メインで。
F103用でR390とかマクラーレンF1GTRあたり出してくれるとすげぇうれしいんだけど。
あと川田はMC8Rを再販して欲しい…

0 件のコメント:

コメントを投稿