2021年8月9日月曜日

オリジナルDD車両を作ろう その2?

 気がつくとオリンピック終わり。

  • 開会式の入場でゲームの音楽が流れた。
  • インテル製ドローンが地球儀。
  • 名古屋市長がメダルを噛んだ。炎上した。

以上終了。いや。みんな頑張ってメダルたくさんとったのは知ってはいますよ?

そんなことより タンク一体式のウォシュレットが壊れた方が大ニュース。

ウォシュレットの水が出なくなったのでコンセント引っこ抜いて普通のトイレに。
タンク別体の2Fトイレにウォシュレットを新規で付けて…壊れた方は…とりあえずお盆終わったら見積もりとらないとなぁ…orz


Fusionの話。

参照マークが出ない問題が解決。
例えばシャシー側に穴が開いていて、アッパーデッキの同じ位置に穴を空けたいときにアッパー側からシャシー側の穴を参照する…んだけど、参照した穴が使わなくなったので消したいが消せないという話。

つかわなくなった他図面から引っ張った穴を消したい
原因を考えた結果、ちゃちゃっと消す方法がわかった。

要は異なる図面の穴(参照元など)の穴をつかんじゃってるから参照マークが出てこない=消せないって事。
なので、斜めから見て参照してる側を選択すると簡単に出てくる。
斜めにして単一選択したら簡単に出てくる

…アンプのターミナルが欠けてるのは気にしてはいけない。

絶対にずれちゃイケナイ部分を3Dプリンタから出力して穴の位置を確認。
ずれちゃイケナイのは下記2つ。
  • フロント周り
    F103/104のサスアームやサーボマウントを最低限使えるようにしておく為
  • モーターマウント
    流用するから
で、
穴あけ忘れ一カ所…ウイング止める穴が0.5mmずつずれてる
先日TRG117のメインシャシーを交換して余っているカーボンシャシーをつかって確認。
絶対ずれちゃ駄目なのは赤矢印の部分。
  • サーボマウント後ろ側に来るべき穴は片方空け忘れ。
  • フロントウイングを止める部分が0.5mmずつずれてた
後ろ側は特に目立ったズレ無し。

A7075の部品は先週のうちに図面を作って見積もり取って最終的に中国に発注。
最終的にジョイントとAアーム用の部品を作ることに。

力一杯本名入ってるのでサムネイル。
できあがりは今月末。まとも?な図面作ったのは…大学のときに作った相撲ロボット以来?かな?
ちょっと楽しみ。
左上の部品は1個、それ以外はそれぞれ2つずつで合計7個、送料込み約13kなり。
ちなみに国内だと上段2種3つで25kなり。下段2種を含めると…考えたくない…60kぐらい?

で…台風のさなか、ちまちまやってようやく必要な物は一通り作った。

操作履歴が溜まるとバグるので手数削減頑張った

そもそも論としてF1をやりたいのではなくDDをやりたいのであってどっちかというとF1よりルマン車両の方が好きなうちとしてはやはりまずはワイドな訳で。
自作車はまずはワイドで作ってナローやるときはTRF101WにF104用サスを付けるかな。

いや別にF1はF1で動きが軽くて心地いいしボディが長持ちで経済的なので好きかと言われたら好きなんですけどね?現行はちょっと見た目が好みじゃない…

まぁナローは極論前ロアアームを左右1cmずつ短くするだけですが。

自作車両を支える部品達

現状では使ってないのも混じってるし、これ以外にもまだまだあるけど、よくもまぁこんな作ったもんだ。

あとは…完全に忘れてたフロントウイング再利用の為のステー作って干渉やレバー比の確認して。で、図面をDXF化か。

まだまだ先は長い…

0 件のコメント:

コメントを投稿