2012年8月11日土曜日

GSAにGS用タンクバッグ(小)を付ける

雨降るとか天気予報で言っていた割には降らない…

とりあえず雨降りそうな時は動かないので今日は工作。

以前からR1200GSAにR1200GS用の小さめの5Lタンクバッグ(71 60 7 713 012)を無理矢理付けてたんですが。
検索エンジン(GSAにGS用5Lタンクバッグを付ける)による手法は2つ。

  1. 米ディーラーに専用の部品を発注する
  2. 国内ディーラーに部品の加工をお願いする

どっちも金かかる上、うちはハンドルのセットバックを行ってるのでそのまま乗せると干渉してうまいこと行かないのが予想できたんですね。

なので今までは
前側:カラビナ一個はさんで後ろにオフセット
後側:ETCのアレにカイダック板をナイロンバンドで止めてアダプタを付ける
(一本長く伸びてるのはETC止めるゴムバンド)
前後こうやって

完成図
GSAにGS用の5Lタンクバッグを付けてたんですよ。(カラビナ一個はさんだのは正解だった)

止まってはいたものの、後ろ側は実質クリーナーボックスにネジ止めという形になっていたのでちょっと負荷という意味で気になる。

やはり止め方としては構造上、純正と同様のネジ(外装パネルと共締め)が一番と思われたのでちまちまと試作を繰り返してたんですが、ついに完成。

…ついにも何も試作により寸法は確定してたものの、作るのめんどくさくて3ヶ月ほど放置してたんですが…

やっぱりカイダック製。灰色の太いコードは前方に引いてるアクセサリ電源
…やはりRCもやってる身としてはこの手の部品はカイダックが一番手に入れやすく加工しやすい…

カイダックはポリカーボネイトなんかに比べると耐熱性に劣るのが気になる物の、まぁ今まで付けてた方法でも特に問題起こしてないので大丈夫でしょう。


ところで数ヶ月前にETC止めてたゴムバンドが切れてどっかいっちゃったんだけど…無くてもいいよね??

0 件のコメント:

コメントを投稿