2016年12月11日日曜日

マフラーを取り外す

hepco&beckerのガード取り付けに付いて書こうと思う物のその前にマフラーをどうにかしないといけないのでまずマフラーの取り外しから。

マフラーを外さないことには話が始まらない(特にガードの下側)

とりあえずアンダーガードを外します。

なんか…後ろにオイルが漏れた跡があるのが非常に気になりますが。
 このオイル漏れの跡、後日自分でオイル交換する時に気がついたけどドレンワッシャーが付いてなかったことが原因と判明。ボルト外す時のぞき込んで目を疑ったわ。ドリームめ…
平謝り&オイル交換一回無料とか言ってたけどそんなことより適当な仕事してるんじゃねぇよと。
ワッシャーはさみ忘れなんてお粗末なミスするのに金払って任せるとおもってるのか?おまいらはガソリンスタンドの兄ちゃんかよ。オイル交換ぐらい自分でやるっつーに。
半年点検の時にオイルが漏れてるっぽい事を言った時
「トルクチェックしておきました。オイラーのせいじゃないですか?」
とか言ったよな?オイラーに充填してるのは着色された青色だと言うのに。
適当に手作業してドレンボルトを怪力で締めてるんじゃないだろうなと。
ていうかトルクチェックってトルクレンチで2度締めって事じゃないだろうなと。
オイルパン丸ごと交換の方がよっぽど精神的によろしいわ。


閑話休題


写真取り忘れてますが
O2センサーのコネクタを外す必要があります。
場所はブレーキペダルの陰。冷却水補充口のあるところあたり。

後はひたすらボルトを外すだけ。

リアサスのあたりに一つ

ぶら下げてる部分
 とエンジンに繋がってる部分。
深淵をのぞく時…(略

マフラーが外れた
作業手順を順番に書くと
  1. O2センサーを外す
  2. エンジンと繋がってるボルトを外す
  3. マフラー下部、サスのあたりのボルトを外す
  4. ぶら下げてる部分(車体後方)を外す。(マフラーが落ちないように注意)
  5. マフラー全体をエンジンのボルトを外すように前方向にスライドさせる

がいいんじゃないでしょうか?
取り付ける場合はこの逆。

本来論で言えばこんな手抜きな外し方じゃなくてきちんと2分割して外した方がいいんでしょうけど…めんどくさい&ガスケットも無料じゃないので。


0 件のコメント:

コメントを投稿