2019年3月24日日曜日

マッドガードをつけた

雨の日走るとすごい勢いで下回りが汚れるc-hr。
というのもボディ下端をしぼってるせいでタイヤの内側に入り込んでるため、蹴飛ばした水をそのままボディがかぶってるから。

ので純正マッドガード(US版)をつけました。

マニュアルはディーラー行ってもらってね?
箱にでかでかと
「取り付けガイドはディーラーでコピーもらってね」
と書かれてる物の、ネットで型番調べたらpdfが転がってたのでそれを参照。


とりあえず前側はサクッと完成。

内部のリブの形状が合わないため若干削る必要がある
 リブの形状が合わないのは事前情報通り。
まぁ現物合わせということでその場で干渉する部分を加工。
溝になってしまってる部分から入り込む水・ゴミはそのまま下の排水口へ行くと思われるので諦め。

BEFORE

AFTER

 前はまぁハンドル切ればホイルの隙間も使う形で電動ドリルが入るので楽。

問題は後輪。

本来であればタイヤを外してしまわないと作業出来ないところ、タイヤ外すのが面倒くさい。
(=止めてる場所の傾斜的にジャッキアップするには微妙。多分いけるとは思うけど的な微妙さ)

結局ちからわざ
…どのくらいボディ下端がタイヤの内側にはいってるかよく分かるな…

結局開けるのはポリ樹脂なのでRC用ボディリーマーの歯を外して右手で穴開け。
小指・薬指でリーマーのお尻を押さえて親指と人差し指、中指でリーマー自体を回す。
そのままだと血まみれになるので軍手着用で。
タッピング使ってる外側に程近い場所は同じように穴開けてあとはねじ込めばいい物の、よりによって写真の場所はピン止めなので正確に8mmの穴を開けないといけない。大きすぎるとピンが止まらないし小さすぎるとピンが入らない。

のでそこそこの穴が開いたら手持ちの皿もみ用ドリル8mm(これしか8mmが無かった)に持ちかえて同じように穴開け。流石に手で回せなかったのでこっちはペンチで回したけど。

まだ雨の中走ってないけどタイヤは隠れたので劇的にマシになるでしょう。
たぶん。


0 件のコメント:

コメントを投稿