2019年4月8日月曜日

タムタム大宮 4月レース

日曜日。
4月の定例レースがあったので参加してきました。

今回もF1とTRGグラチャンクラスの2クラスエントリー。
今回は前回と異なり練習に行く時間があったので土曜に確認に出かけたのですが…
F1に問題が発生。
まっすぐ走る分には特に異常なく走るのに曲がると
「バリバリバリバリ」
と異音が鳴る。

おまけに
バッテリーのケースが分解
バッテリーのケースが取れるという…
バッテリーそのものは膨らんでる訳でもなく中身は無事なのでとりあえずフタをグラステープ止め。
バリバリ音は土曜丸一日かけて原因を探ったんですがさっぱり原因が分からないのでまた時間のあるときに対応という事にしてバリバリ音が鳴る状態のまま走ることに。
作ったタイヤはホイールが片方変心して使い物にならなくなってたしもう前日の時点で散々…



いろいろ諦め状態で突入した日曜日。

出走台数控えめ
運営が準備出来るまでの間にメーカーの中の人に異音がばれちゃって(?)緊急メンテタイム。

中の人曰くピッチのリンク部がおかしくなると音が鳴るんだとか
 いろいろ話した結果、
「実車ばかりいじくり回していたので拗ねたのでは?」
という結論にw
それでも異音は多少マシになったので諦めてそのまま走ることに。

結論から言うと今回も両クラスともポールトゥウィン。
ただし前回と違ってかなり余裕が無かった…

■F1予選
異音のせいかプッシュアンダーが出ていたので取り急ぎ設定変更したおかげか、かなりまがるようにはなった物の、お尻が出た時の失速が酷いことに。
数周分お尻の様子見で流した後タイミングをあわせてタイムアタック。
12秒2でポール獲得。
■F1決勝
どうにもお尻が落ち着かない物の走れない事はないというレベル。
一発の速さは出る物のいまいち落ち着かないというか…
普段よりマージンを多めに取ってラップをかさねそのままトップでゴール。

安定感が無かった物の手でどうにかなる範囲内ではあった
■TRG予選
問題があったのは明らかにおかしいF1よりTRGの方。
前日にホイールが変心して使い物にならない事が発覚したおかげでタイヤ1セット足らない。(買えよという突っ込みは無しで)
F1はギア比固定なのでタイヤの直径が露骨に速度に影響する物の、こちらはギア比自由。
なので必然的にF1に新品後ろタイヤと中古前タイヤ、TRGは前後中古タイヤで決定。
F1・TRGともに前タイヤは車高調整でどうにかなった物の、TRGに使用する後ろタイヤは新品の状態より直径が6~7mm減った状態。
ギア比で合わせるというレベルの減りでもないかなぁ感があるし過去レースのタイム差を考えると多少速度が落ちてもどうにかなりそうだったのでそのまま行くことに。
いつもより加速がいいせいか巻き気味だったものの12秒09を出してポール獲得。

■TRG決勝
後ろ2台がFP2(激安マシン)という…
いつもより巻き気味という事実をマーシャルしてた時にこけた際の手の痛みが気になって忘れててスタート数周で壁に刺さるという大失態w
3位まで順位を落として追走モード。
一台をコーナー突っ込みでパスして2位。
2位になった直後ぐらい、1位を走っていた車両が周回遅れのパス時に自爆事故。
1位に返り咲いてそのまま周回を重ねてゴール。
レース展開的にも車両的にも余裕は無かった物の3位からの追い上げは楽しかった
次回6月までに
F1を全バラしてメンテ。
TRGクラスは主催であるメーカーの意向にそってFP2(激安マシン)に移行。

TRGクラスは検討中ではあるもののこのままシャシー縛りをしないで行うかもという話なのでまずは一度FP2をお試しかなと。
ただでさえ参加者すくないのにシャシー縛りをすると余計に人がいなくなるとかだろうか?F1なんて6台だったし。TRGクラスも半数は普通のF1シャシーだったし。


0 件のコメント:

コメントを投稿