2019年8月6日火曜日

タムタム大宮 8月レース

まさかとは思っていたけど。
6月のレースが終わってからというもの、週末ずっと雨。
梅雨らしいと言えばその通りなんだけど延々と2ヶ月引っ張ってようやく晴れたのがレース直前。
週末なーんにも出来ずにストレス貯めてたので金曜日有給とって走らせに行くことで3日連続で走ってきました。
金・土が練習、日曜日がレース。


日曜日、30度越えのクソ夏日にレース
 余裕があったら今回からツーリングも出ようと思っていたものの、全く走らせる時間が無かったので参加したのはいつも通りF1とグラチャンの2カテゴリ。





■F1予選クソ暑いせいか車の動きが重い…
前日からしていつもより0.5秒ほど遅いタイムだったので今回怪しいなとは思っていたものの、いざフタを開けてみると0.1秒遅れぐらい。
幸いにもタイヤの調子が上がり気味(動きは重いけど)で引き続きポール。

■F1決勝
特に危なげも無く。いつもなら途中どこかでやらかすものの、予選のタイムを見る限り2番手と比べてかなり余裕があったのでいつもより安定して周回。
いつもなら周回遅れが意図的にガードしてくるところ、今回はそういうことも無くそのままゴール。
クソ暑い中なぜか5分過ぎても走ってますが。
4連続ポールトゥウイン
■グラチャン予選
もうグダグダ。
かろうじて走りはするものの、練習の時点からどうにもいまいち後輪が落ち着かない。
ぶっちゃけるとグラチャンは難易度が激しく高いせいで事故るの覚悟で攻めてすべてのコーナーが上手くいけばタイムが出る的なギャンブル的な要素があるものの、いまいち旨く行かない。
予選1回目はTRGワークスの人に譲るものの、予選2回目の終了間際にどうにかこうにかポール。

■グラチャン決勝
どーも車高がおかしい。
何度はかっても数値上はおかしくなかったという謎事象が決勝10分前に原因発覚。
リアシャフト、左右でスペーサーの上下が逆になってて1mm程右下がり。
慌てて直したのが仇になったのか…
決勝前にグリッドに並ぶ時からトリムが合わない。
レースの方もスタートしてしばらくは妙な切れ込みをしてくれる。どうにかこうにかふらつきながら走ってると2位の車両が事故。
楽になったーと思ったら今度は自車が事故。
真夏のクソ暑い中マーシャルが日陰に入ってたのも手伝って順位逆転。
その後焦りでさらに自爆して順位ほぼ確定。追いかけるもののあとコーナー2つというところで終了。2位。

あと1分有ればどうにかなった(かもしれない)
F1は2月のレースから数えて連続4回ポールトゥウイン、グラチャンは昨年度のレース復帰から数えて連続4回で今回ストップ。

一気に気が楽になったぞとw
グラチャンは次回リベンジ。
F1はもうここまで来ると次回の最終も勝ちたいところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿