2020年6月14日日曜日

Virtual 24 Hours of Le Mans

今年は9月に延期、
本来行われてる昨日今日(13日14日)はVirtual(rFactor2)でおこなわれてるんですが。

Virtualならではの視点?

一部のアングルを除き、実際の中継アングルと全く一緒w
  • 多少荒いとか、
  • 操縦席の中継がヘルメット無しの室内だったりだとか、
  • ピットに誰も居なかったりだとか、
  • ゲームのバグによりリタイヤしたりだとか、
  • サーバが落ちて30分程止まったりだとか、
  • LMPクラスがワンメイクだったりだとか、
  • マーシャルがいなかったりだとか
そういう細かい点を除けば走ってるのをyoutubeの中継で見てる分には全く気にならないw

メカニックが全く関係なさそうという点はおいといて、
これはこれで意外とありなんじゃないの?

これゴールした後…どうするんでしょうね。
リアルだったらピットの出口から優勝車を引き込んで表彰式だけど…

20200614 22:15追記
うーん…
なんていうか…実車のドライバーが市販のゲームを舞台に24時間走りました。
というファンイベントでしかないかな…
そもそもなんで24h耐久なのかというのが置き去りにされてるような感じ。
事前準備からずっとチームで戦ってる!という感覚がすごく希薄。
というかほぼ皆無?に感じる。
2時間ぐらいでいいんじゃね?

0 件のコメント:

コメントを投稿