2020年11月1日日曜日

3Dプリンタの試し印刷と(一応)実用品

 組み立てた3Dプリンタで出すこといろいろ。

いろいろというモノの、だしたのは主に立方体。

設定の変更を2cmの立方体で試すという具合。

番号は出力順


いろいろ試したところ、標準設定からフローの値を130%に変更すればいい具合に印刷されることが判明。

フローを130に変更

なお、上の写真⑦~⑪はこのダイソーケースを使ったドライボックスを作ってみようと印刷したモノ。(このあとホームセンターでベアリング買ってきて現在組み立てて利用中)

上の写真にはないものの、この後でRC向けに


TC01用にショートリポを載せる為のバッテリー押さえ
かなりオフセットしてるのは端子位置の都合。

TC01用ステー(スイッチと赤外線のコントローラー&AMBポンダー用)

バッテリーホルダーとステーを作成。
…ステーは当初ポンダー自体をほとんど覆う形で作ったモノの、載せる途中でカバー部分が割れて取れてしまったので割り切ってそのまま。
スイッチや赤外線用PICとAMBポンダーぐらい、サーボに直接貼り付けてもいいけどサーボ自体がアンプに負けないくらい発熱するので直接貼り付けずにステーに貼り付け。

次はラップタイマーのケースを作って見ましょうかね。
いろいろ一段落したら…だけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿