2020年12月1日火曜日

F1の部品をデザインしてみる

帰宅してからFusion360をつつく毎日…

いきなりデカ物を作るのもアレなので。

TRG117のサスアームのうち、現状の構成を作る重要な部品をFusionで作って見た。

サスアームの重要部品
現在は部品の組み合わせと簡単な加工により付いている状態なので「誰だこんなの考えたの?」って感じでぱっと見がすごく歪んでいる箇所を新規で作って見ようと。
歪んでるのは見た目だけで実用上は全く問題ないけど余り気分のいい構造…というか見た目じゃないので…

週末に出力して採寸、使えそうなら一度DMM.makeのサービスに出してみたいところ。

にしても。日曜からずっとつつき回してようやく簡単なモデルを作れるようになった物の。
なんかFusionの操作体系が独自の進化を遂げきったぜ!感があふれていてなかなかに思い通りに動かない…

せめて元Photoshop屋にも使いやすくSpace+ドラッグで画面スクロールとかしてくれないでしょうかね??

それはそうと。ややこしい採寸とか必要ならFusion360がいいけどそれ以外の簡単なモデルはTinkarcadの方が簡潔で考えやすいね。これは。



0 件のコメント:

コメントを投稿