2021年9月7日火曜日

オリジナルDD車両を作ろう その6

いろいろ頑張ったと思うけど、緊急事態宣言が形骸化しちゃったのが一番足を引っ張ってると思うんだ。
「20時」が一人歩きしちゃって何が言いたいのかさっぱりだった点が特に。

それ以外はマスゴミのアンチキャンペーンのせいだと思ってる。


まずは第一弾として要となるピボットの部品が到着。

結局流用ではなく完全新規。当然A7075材

日本語出来る担当者が途中で会社をやめちゃって後任の人に英語で説明したりと担当変わった余波で完成が遅れてようやく…orz

けどまぁこの3つの部品の見積もり、日本だと30k。中国だと5k。とかもう頭おかしくなるくらい安い。アルマイトかかってないし、微妙に切削油っぽかったけどw
まぁしゃぁないかー安いし。
「安い」は最強の免罪符。


で、次に問題になるカーボン部品。

こっちはこっちで中国の業者とメールを数十通やりとりしてようやく発注。
…相手のサーバから「メールボックス容量一杯なので配送できませーん」って返事もらったの大学以来じゃなかろうか。今時無料でも数ギガ単位で容量あるのに容量一杯って…

3mmの部品。他にもある。
事実上実験車両なので穴だらけ+直接関係ない余計な部品入り。
もうこっちについては国内の見積もりとらずに中国のみ。

なんていうか…国内はA7075の部品見積もりで懲りたというか…まぁ不動産のときもあったけど「どーせ金額にびびって買わないんだから」という本音が透けて見えるような、「どーせ高いから買わないでしょ?作るの面倒くさいから高いんだよ!あらかじめご了承しやがれゴルァ!」って内容が国内の業者だとメールにひっついてくるんですよね…いやまぁ…いちいち「高ぇ!」と言われて説明するの面倒くさいのはわかるけど。
はっきり言って読みたくない。

反面、海外は見積もり教えろって言ったらホントに見積もりだけ一言帰ってくるから潔いというかなんというか。だからこそ仕事であれこれ困った事に巻き込まれもしたものの、こういうときはありがたい。
英語だけど。

相手の誤解釈が全てとれていれば…通常2週間程度で届くらしいので…シルバーウィークの後ぐらいかな?


で…

いまこの車両に乗せるF103互換のモーターマウントを探してるんだけど…あれですね…
A7075の部品発注するときに一緒に設計して発注しとけばよかった…orz

TRGのモーターマウントが壊滅してる。ZENの新型以外全くない。(そして特性が余り好みじゃなさそうな雰囲気がプンプンしてるのでZENはいまいち手が…)

FP2に乗ってるかなり古いTRGのモーターマウントを使うとして。
それを使うと今度は今おすすめされているOF-01に乗せるモーターマウントがなくなるので…こっちは買ったとしても昔買ったタミヤ純正のF104用を使うかな…
せめてモロテックのモーターマウントが売ってればよかったんだけど…まぁしようがないか。

0 件のコメント:

コメントを投稿