2021年9月22日水曜日

オリジナルDD車両を作ろう その7

 動いた!!

と思ったら一気に進む海外の荷物。
成田まで届いたのはトラッキングでわかっていた物の、クロネコからも郵便からも受け取りに関するメールが来ないのでこれはまさかの西濃かあるいは単にどっかで引っかかったか…と思っていたら

まさかのLINEで通知

そっちかよ


って訳で。届きました。

FedExは初めて?
某Nさんに海外通販をGenerationX10で教えてもらってからという物の、ちょくちょく自分で購入はしてた(主にバイクの部品)んだけど、FedExで届いた覚えはイマイチない…様な気がする。
あったっけ?


段ボールの簡易包装の中はぐるぐるまき
まぁ物がカーボンだからねぇ…ちょっと隅っこはみ出てるけどまぁヨシ。

こまけぇこと言ってると海外通販なんて出来ない。
国内が過剰サービスすぎるだけ。

こないだのA7075部品は使ってるのは少しヨレタ感じの段ボールに一つ一つやたら丁寧に梱包されていたので海外らしくないなとは思ったけど。

バイクのパニア(荷物用のケース)と部品をイギリスから取り寄せたときなんかは「送料かかるからケースの中に部品入れといて」って頼んで「わかったやっとくよ」って返信が数日後に届く位が海外クォリティ(?)



今回作った部品一式。サスアームはナロー1セット、ワイド2セット。
話によると粉だらけで洗うと水が真っ黒になるという話だった物の、そういうわけでもなく。
むしろ毎回カーボン汚れ・油脂汚れで指先が荒れてる身からすると非常にキレイ。

簡単に検品して…

ぴったりー

きちんと寸法通り製造されているかを現物合わせで確認。下手に測るより手っ取り早いので。
一番デカい流用部品であるモーターマウントを試しにネジ留め。
お金出して買った既成品ならぴったりで当たり前、なんの感動もないところだけど、ノギスで測って設計して~3Dプリンタで出力して確かめて~なんて面倒くさいステップを経ているだけにぴったりだと満足感半端ない。


さて。明日の休みは組み立てかな。
CNCによる製造の都合からあらかじめ確定している削らなければならない箇所がいくつかあるのでそれは除外するとして。

設計バグはいくつあるのか、
果たしてきちんと走れるところまでたどり着けるのか、
乞うご期待w


この後フロントの長穴が設計より0.1mmちょい小さく作られていてサスアームがはまらないことに気がついたw
…小さい分にはヤスリがけすればいいし、そもそも「とりあえずF103/104用のサスアームが付くようにしておくか。日本人だし(?)」程度のノリで開けただけなので…まぁいいか。

0 件のコメント:

コメントを投稿