F1のリアウイング(廃品)を再利用

ピロボールを作りながら。
そういえばコレを放置していたなとおもった。

無駄な穴

なのでピロボールついでに作るかと。

接合部位がもげたので通常であればゴミ箱行きのリアウイング。

サクッとマウントをデザイン

3Dプリンタで印刷してはめ込む…

アームの両端にマウントしてバランスを…狂ってますね…

こんなもんかな?
冒頭の穴は本来後ろ側に有るべき物で、リアウイングの直下近くまでアームを伸ばすための物。
ただ、通常のマウント方法を取る限り邪魔なのでボディ側に伸ばしていたんですが…それが遊んでいる無駄な穴に見えていたという構図。
なので前後ひっくり返して取り付けると良い具合にリアウイング下近くまで伸びる。

実際に取り付けてみる…
うーん…しかし…

ボディを付けてみた

違和感しかないw

けど実際のマウント位置はコレで大差ない状態。
なんか追突されたらまずいんじゃね?って気に…


コメント