自作RC-F1 3号車、またまたバグ?発見

まぁたいした不都合じゃないんだけど。

今回の問題の箇所
今回の問題はフロントアッパーアームとダンパーを支えてるデッキ。

矢印の箇所、4カ所をネジ留めしてる
デッキ自体は2号車に引き続き、4カ所をネジ留め…ロアシャシーとの間をアルミのポストを挟んでいるという構造をしてるんですが。

問題はこの穴
アッパーの基部を下げたとき、フロントウイングを止めてる4mmのナットと干渉するので、この位置に穴が開いていると。
ダンパーステーは自作1号車(10年前)にあった形式を今回取っていて、ダンパーステーは平置き。で、デッキの裏からネジ留めしてるんですが…

ダンパーを横一直線にする都合、ちょうど良い具合にダンパーの基部とナットの位置がそれぞれ邪魔になるんですよねw

矢印の位置の「ノリしろ」、ナットの逃げ穴がデカいと確保出来ない

4mmのナットを干渉しないように考えると9mm~10mm程度の穴を開けたいところだけど、そんなデカい穴を開けるとダンパーステーを止めるネジ…を支える縁が不足する。

という訳で、ナットの形に穴を開ける事で、ダンパーステーを止めるネジの周囲に余裕を持たせ、万が一の時のためにデッキの下げ幅を確保してたんですが…

シャシー裏からウイング止めてるネジを回すとデッキを回す力がかかるw

今回、フロントのグリップ不足からデッキを下げていて、かつ何気なくシャシーの裏から「フロントウイングがずれた」とか言いながらネジを増し締めしたもんだから、デッキがすこーしだけ回転して、気がついたときには”右のキャスターが起きて、左のキャスターが寝る”と言うわけがわからない事態にw


まぁ知っていれば「デッキ付けたままウイングのネジを回すな」ってだけの話ですが。

いきなりキャスターが20度近く寝てサスの動きが渋くなってた時はびっくりしたw

コメント